【投稿広場】奇怪文書*謎

◆あなたの体験談・物語(創作OK)を募集中

この記事のコメント欄で投稿できます(↓)。
テーマに沿ったオリジナル内容限定です。感想・応援コメントも募集しています。
※反響の良い投稿はトップカテゴリに掲載されます。

>>他の投稿広場を見る

  • ゆうた

    1.タイトル
     ○○様 倉庫内 監視カメラ正副故障

    2.障害発生日時
     2016年5月9日(月) 7:11

    3.ステータス
     未クローズ/暫定対応済み/品質保証部門差し戻し

    4.概況
     ○○様倉庫内の入口に設置した人感センサー付き監視カメラ
     (以下監視カメラ)が長期連休中に正副故障した。
     5月9日(月)休日明けで巡回を行っていた
     警備担当○○様がカメラのランプが点灯していないことを発見。
     総務○○様より当社に連絡。即日、交換対応を行った。

    5.経緯
     2016年5月1日(日) 23:05 監視カメラ副系故障
     2016年5月7日(木) 09:08 監視カメラ正系故障  
     2016年5月9日(月) 07:11 警備担当○○様にて異常検知
                  07:33 総務○○様より当社連絡
                        障害受付
                  07:41 部品/保守担当者手配
                  10:11 交換開始
                  11:19 交換完了

    6.お客様ご迷惑度
     本監視カメラは倉庫入口に設置してあり、
     倉庫への入室を人感センサーで検知、検知後一定期間の録画を行っている。
     総務○○様に確認したところ、本倉庫は平日午前中の入出荷時以外誰も立ち入らない。
     念のため、警備担当○○様にゴールデンウィーク中(4月29日~5月8日※)の入室履歴(ICカード使用履歴)を確認頂いたが、入室者はいなかった。
     ※5月2日、6日は○○社特別休日。

     また、入口は1か所しかなく、
     窓等、他に倉庫に入る方法がないことから、
     幸いカメラ停止中に不正侵入はなかったものと考えられる。

     ただし、5月9日にカメラの交換が終わるまで、
     警備担当○○様に倉庫内入室者の目視確認を頂き、ご迷惑をおかけした。

    7.暫定対応
     即日交換を実施

    8.お客様ご所感
     総務○○様:機械なので壊れることは仕方がないが、
          壊れたことを営業時間前に検知できなかったことは問題である。

    9.恒久対策
     毎日4:00に過去24時間分の録画データ有無の確認を行うバッチを自動実行する。
     データがない場合、バッチを異常終了させ、障害検知する。
     障害検知した際は、○○様へ連絡、営業開始時間前までにカメラの交換を行う。

    10.テスト
     5月10日から5月23日まで2週間分の監視カメラ録画データ(暗号化済み)をお客様より受領し、テスト環境で2週間分のシミュレーションを実施。
     いずれも正常終了しており、問題無いと判断する。

    11.品質保証部門
     本恒久対策は○○社には適用することができないと考えられる。再検討すること。
     また、交換した監視カメラに不具合がある可能性があるため、お客様立会いの下、録画データを再生し確認すること。 

    12.本番反映
     未定

    13.本番反映結果
     無し

     
  • 匿名

    冷静なお母さん、怖い^^;

    スプーンの方が、銀に見せかけた有毒な金属なのかと思いました。

     
  • サメハダ#devichomp

    俺の両親は昔から喧嘩が絶えず、独り息子である俺も「何故結婚したのだろう」と疑問に思うほど中が悪かった。

    ある日、デパートでの買い物から帰ってきた母が家族全員分のある物を持って帰ってきた。
    それはいかにもアンティーク感の漂うオシャレな純銀製のスプーンであり、どうやら仲直りのプレゼントとして父へ買ってきたらしい。

    あれほど父に憎悪を募らせていた母にしては珍しいと思いつつ、せっかくなので早速今晩の夕食に買ってきたスプーンを使用することとなった。

    我が家の食事のほとんどを出来合いの惣菜で済ます面倒くさがりな母が久々に丹精込めて作ったシチューはとても美味しく、いつもは憎まれ口しか叩かない父も「うまいうまい」と喜んで食べていた。

    食事が終わって40分もした頃、二階でテレビを見ていた俺は風呂を沸かす為に一階へ降りていった。

    するとそこにはシチューをまだ少し残したまま机に突っ伏して寝ている父の姿があった。

    「せっかく母が作ってくれたのに勿体ないなぁ…」と思いつつ、俺は自分が使った銀色に輝くスプーンと父親が握ったままの黒いスプーンを洗って片付けた。

    まったく、手のかかる父親だ。
    母の気持ちも少しはわかるな。

    以下、解説およびネタバレです

    銀という物質は毒物に触れると黒く変色する性質を持っています。
    普段から父を疎ましく思っていた母は父の毒殺を企てていました。
    家族全員分の純銀製のスプーンを買ってきたのは、父に出す毒入りシチューを誤って自分や息子が食べないように判断するためです。
    まんまと母の策略にかかった父は、毒入りシチューを見事に平らげて机に突っ伏したまま死んでしまったというお話です。

     
>>コメントの付け方【ヘルプ】

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★