【不思議】レース場で/HN:ルシ

今日も負けると知りながら、せっせと通うレース場。
「もう、ベンツ一台分は買ってるかも」などと独り言も一人前になっていた。

まだ的中確定してないのに、購入券を手にしたとたんこみあげる至福のひととき。、
ワクテカとも言うのか?
とにかく待ち遠し瞬間だ。(典型的な依存性・・)

券売機の前で購入券とお釣りを手に取り、自分の席に戻ろうと振り向いた時だ。
進行方向に場内の係員がこっちを見ていた。(女性)

うん?おやっ?
女の肩に3Dの数字が浮かんでいた かなり大きい。
少し透明だが、数字であることには間違いない。

直視して固まっていると、女の口元がパクパクと動いた。
(おっ読心術か?任せろ!)今やラインやメールの時代だが、ポケベル世代はアイコンタクトや短い会話なら唇の動きや形で伝えたもんだ。(近い空間に限る)

女「ろくだよ、6!」
オレの脳裏に、聞こえるはずのない音声が通った!。

レース結果は6番が一着。浮かんだ数字も6だった。「ついに勝利の女神降臨か~?」
よし!次は?
当然のように女を探した。ありゃ?いない?

見つからないどころではなく、4年たった今でも会えていない。

女は少しキツネ顔に似ていたような気がする。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★