発端/HN:山紫水明

発端/HN:山紫水明

俺は心霊番組やホラー映画が好きなだけの霊感0な奴だった。

良くある話しだがある日気付いたら霊感が付いてしまっていたと言うのは本当なんだと今更ながら自覚している。

俺の場合はこうだ。

5年前のちょうど今頃暑い夏、その日も仕事が忙しく残業になり深夜自宅に帰宅している時だった。

俺の帰宅ルートは主に2通りあるのだか、残業上がりの時は近道になるルート(実は地元では有名な心霊スポット)を通っていた。

色々と噂は知っていたが霊感0な俺は今まで何百回と通っていたが一度としてそんな類いの経験はなかった。

だが、この日は違っていた。連日の疲れからか視界がぼやけて見えるような錯覚に何度も瞬きをしたのを覚えている。

何度目の瞬きか前方150~200メートル?辺りに地面に張り付いている何かが見えた。

かなり飛ばしていたので一瞬焦って減速させた。何か地面に張り付いている…と言うより近づくにつれ人が四つん這いになっているのがわかった。

『はっ?』

この時の俺は相当マヌケな声を出していたと思う。深夜の交通量も少ない車道にいきなり人が四つん這いでいたら誰でも一瞬ビビると思うが…。

2~30メートル辺りだろうか格好から女だと言うのがわかる。この時普通に人だと思っていた俺は車を停めようと思ったが、その女の顔を見た時アクセルを全開にした。

『何だアレ!?』

なんつーか…リングのまんま貞子みたいなヤバそうな顔。ビビッてサイドミラー見たら有り得ない速さで追っ掛けてきてるし。

その動きがヤバ過ぎる。はいずりながら追っ掛けてきてるから。

この時点でやっと人じゃないってわかった…。気付いた時には遅い、女が凄まじい形相で運転席の窓叩きまくってる。

俺が覚えているのはそこまで。気付いたら朝5時くらい、自宅近くの田んぼに突っ込んでいた。頭をぶつけたらしく血だらけで自分で救急車を呼びましたよ…。

この出来事以降その類いの物や声が聞こえるようになった。

ちなみに5年経った今もリアルタイムにその女には悩まされている。それはまた機会が有れば。失礼しました。


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★