呻き声/HN:柊

呻き声/HN:柊

これは中学1年の頃、夏休みにT県に住む母方の祖母の家に遊びに行った時の事。

祖母の家からはちょっと離れた所にある藍染会館(?)に観光で俺、母、祖母、叔母と行ったわけだ。

ごめん、施設の名前は正確に覚えてないんだ。俺は正直あまり興味なかった。だから一人でぶらぶら施設内を歩き回ってた。

そしたら、江戸時代の武家屋敷みたいのを見つけたんだよね。なんとなく興味が湧いて入ってみた(歴史は大の苦手なのにね…w)。

そして、二階があったから上がった。ちなみに、その屋敷には俺一人だった。

ある部屋に入ろうとしたその時、たぶん記憶が飛んだんだ。

「うぁぁぁぁ……」

突然聞こえてきた男の呻き声。その瞬間ハッと目が覚めた。

自分は窓枠に手をついて身を乗り出してた。あと数秒遅れてたら、たぶん真っ逆さまに落ちてたと思う。

背筋がゾクッとして、急いで逃げようとしたら、部屋を出てしばらくして異変に気付いた。足音がもう一人いた。ミシ、ミシと一歩ずつ近づいて来る。

とうとう自分の真後ろまで来た。だけど、どこを見ても影がない。いるはずのない誰かがいた。

俺は必死に心の中で、「見逃してください!!」ってつぶやいてた。すると足音は、ミシ、ミシと帰って行くのが聞こえた。

思い切って振り返ってみると、とてつもない大男が部屋に入って行くのが見えた。軽く210cmはあったと思う。しかもかなりゴツい。

俺は恐怖とパニックで階段を転がるようにして降りた。

あれは霊なのかどうかは分からない。でも、あの地獄の底から響いてくるような呻き声を聞くと、霊以外の化け物のような気もする。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★