自転車の鍵/HN:スニフ

自転車の鍵/HN:スニフ

私が学生時代に体験した実話です。霊の類では無いですが、今でも理解出来ない体験でした。

その日は土曜日で授業が半日(ゆとり教育前)だったので、放課後、自転車通学の仲のいい友人達3人でカラオケに行きました。

国道沿いの有名カラオケチェーンで駐車場には警備員もいます。そこでカラオケを4時間くらい歌って、帰宅しようと駐輪場にきて自転車に乗ろうとした時です。

私の自転車の鍵(前輪を固定するタイプ)がそっくりなくなっていたんです。

それで、自転車が盗まれているなら分かるんですが、自転車はそのまま、そして新しく後輪を固定するタイプの鍵がつけられていて鍵も刺さったままでした。

私は自転車を間違えたかと思いましたが、私の自転車は中古で買った人気の無い深緑色でダサいし、なにより私の学校の私の番号のステッカーが貼ってありました。

私は友人がふざけて手の込んだイタズラをしたのかと思いましたが、席を外した友人はいなかったし、さすがに手が込み過ぎているし、意味不明過ぎてるし、そんな事するとは思えませんでした。

何はともあれ帰らないといけないので、気持ち悪かったですが、そのまま新しい鍵の付いた自転車に乗って帰りました。

それから何事も無く月日が流れ、3ヶ月くらいが経ち、夏休みに入りもうすっかり そんな出来事を忘れていた時でした。

その日は朝から1人で電車に乗って買い物に行く為に自転車に乗り、駅の駐輪場では無くお金のかからない近くのスーパーの駐輪場(常に100台近い自転車が止めてある)に自転車を止めました。

そして買い物を終えて夕方帰ってきてスーパーの駐輪場に着くと、私の自転車がなくなっていました。鍵はしっかり抜いて手元にありました。

私は、3ヶ月前のあの出来事を思い出しましたが、今回は単純に盗難にあったのだろうと思い、諦めて家族に電話して、迎えにきてもらいました。特に盗難届けなどは出しませんでした。

まぁ、ダサい自転車で中古だったし、見つかるとも思ってなかったのですが、なんと翌日に見つかったのです。

その日、私は自転車が無いので友人の自転車で2人乗りをして市内をフラフラしていました。ふと立ち寄ったファーストフード店の駐輪場に見覚えのある深緑色の自転車を見つけました。

一応確認してみると、私のステッカーが貼ってあり、私の自転車でした。

私は財布の小銭入れに自転車の鍵を入れる癖があったので、すぐさま鍵を開けようと思いましたが、なんと鍵は刺さっていました。

私が持っていた鍵も刺してみましたが、やはり鍵は開きました。犯人は合い鍵を持っていたのです。3ヶ月前に鍵が付け替えられた時、2つある鍵の1つを、その人は持っていってたのです。

つまり鍵を付け替えた人間と盗んだ犯人は同じ人間と言う事になります。

それに気づいた時、私は犯人を捕まえる気持ちより、私を監視していると言うメッセージなんじゃないかと思い、凄く恐怖を覚えました。

しかし私は自分の自転車に乗って帰りました。とりあえず足がなかったので。しかし家に帰ると新しい自転車が買ってくれてあり、その深緑色の自転車は物置に仕舞ってしまいました。

その後、何事も無い日々が過ぎて、私はコンビニでアルバイトを始めました。

バイトを始めて1ヶ月くらい経ったある日、バイトが終わり自転車に乗って帰ろうとすると自転車置き場に同い年くらいの女の子が座ってました。

私は何でこんな時間に?と思いましたが、スウェット上下で不良少女みたいだったので、よくあるタイプだな~と思い特に気にしませんでした。

ある日のバイト終了後、またその女の子はいました。その日、その少女に手紙を渡されました。顔をよく見ると、意外に可愛いかったので、私は手紙を受け取り家で読んでみると

《ずっと好きでした、良かったら友達になって下さい》

と書いてあり、電話番号が書いてあったので、ショートメールで返信をしました。私はその子と友達になってみる事にしました。

何度か遊んだ後、私は彼女と付き合う事になりました。彼女は見た目より優しく、純粋で可愛い子で私も彼女に惹かれていきました。

そして初めて彼女の家に遊びに行った時、私は意外な人物に会いました。それは中学時代の同級生でした。彼女の兄でした。同級生と言っても話した事は無く家も知りませんでした。

軽く笑い話になって、妹をよろしく!とか言われて、その日は3人でゲームとかして終わりました。

それから、しばらくは彼女とうまくいってたのですが、私の飽きっぽさと、彼女の束縛が原因で別れる事になりました。

その後、発覚した事が、彼女の兄が私の盗まれた自転車が置いてあったファーストフード店で長い事バイトしている事、彼女が中学時代から私の事を想っていた事。

自転車の事件と関連していると思いたくは無いんですが、合致する部分がある。

もし、その兄妹が犯人だとしたら、自転車を盗む経由で私と知り合うシナリオがあったんじゃないかと思う。

そうじゃないと思いたいけれど、多分そうなんだろうな~と思う。

突き止める勇気は無かったですが、私の行動を日々監視したり、異常な行動を兄妹がしていたと思うと、結託した兄妹愛と言う人間の光と、歪んだ人間の闇を感じて、鬱になります。

この話が私の想像であると思いたいです。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★