叫び声/HN:MD

叫び声/HN:MD

去年の秋から、彼と同棲を始めました。

ペット可物件(うちの場合は猫)を探すので、かなり絞られましたが、公園や駅、生活に割と便利な場所にある、二階の部屋を借りられました。

年が明けたある寒い日、彼が体験した話です。

当時、寝室として使っていた部屋で夜中に、不気味な出来事が起こりました。隣で一緒に寝ていた彼の

「うるせえっ!」「うるせえっ!」

という声に気付き、寝た状態で彼にどうしたの?と尋ねた所

いきなり金縛りにあい、その後、音量を徐々に上げていくかのように1人、2人、3人…と、何人分の声かも、性別かも解らないくらい、悲鳴や断末魔の叫び等が聴こえてきたそうなんです。

その声を消す為に「うるさい」と追い払うように唱えていたら、だんだん音量が小さくなっていくように、聴こえなくなったそうです。

しかし、これだけでは終わりませんでした。寒いはずなのに、何故か生暖かい空気が感じられたんです。その瞬間、私も枕に頭を抑えつけられる感覚に陥り

これはヤバいな、と二人で相談した結果、2~3日は居間で寝ようという事になりました。さっきの出来事は嘘の様に、ぐっすり眠れました。

後日、ベッドのある部屋に行くと変な違和感を感じたんです。空間が歪んでいて、生暖かい空気。彼もなんとなくですが、感じたようです。

私自身、小さい頃から霊感はある方なんですが、物件見学の際は何も感じられなかったのに…おかしいな?と思い、未だに疑問だらけなんですが

その騒動以来、彼はその出来事が忘れられず寝室を変える事に。ベッドはそのままその部屋に置いて、布団だけを移動。

数週間ほど、昼夜問わずその部屋の嫌な雰囲気は続きましたが、部屋の換気をしたり光を入れたりしているうちに、違和感は薄くなりました。今はクローゼット代わりに使っている状態です。

余談ですが、住んでいる冒頭でも触れた様に、アパートの近くに公園があります。何年か前にそこで彼と車内で、雑談をしていました。

その時、後部座席の左下付近から

「うふふふ」

と、笑う女の子の声を二人で同時に聴いた事があります。

今回の件と関係あるかは、解りませんが、もしかしたらあの部屋は霊的な何かが集まりやすい条件が揃っているのかもしれません。足元側にお風呂場がありましたから。

それともベッド自体が、曰く付きなんでしょうか…?

偶然かは解りませんが、携帯のデータ整理中に見つけたベッドの上で座っている猫の写メ。久しぶりに見た所、おかしな事になっていました。

日付はアパートに引っ越す2年前のものです。猫の第六感というのにも、越してきて驚かされています。

※その写メも添付させて戴きます(彼の部屋で撮った物で越してくる前までは普通の写メでした)。


叫び声MD


 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★