妖怪/HN:めそたん

妖怪/HN:めそたん

こんにちは。この体験を人に話すとバカにされちゃうんですけど、ホントに見たんです。

あれは私がまだ実家に住んでいた頃のことです。

私の家は、母屋と昔民宿として使用していた建物が同じ敷地内に建っていて、私の部屋は元民宿の二階右端にありました。

その夜は本を読みながら、ボーっとしていたんですが、ふいに外が静かになっている事に気づきました。

いつもなら、家の前は国道で大型のトラックが行き来していたりと、何かしら外から音がしているのですが、耳が痛くなるくらいの静寂が辺りを包んでいます。

ふと、カーテンが締め切っておらず、少し開いてるのに気づきました。

その隙間から見た夜空に、青白く光るものが浮いているのが見え、なんだかよくわからなかったので、窓に近づきよく見てみました。

…唖然としました。例えるなら、少し厚みのあるデカいシーツ?が空中にフワフワと浮いています。

「洗濯物?」

私は洗濯物が風で飛んでいるのかと思いましたが、それにしては月に照らされ、青白く光りながら一定の位置ではためいています。

まさか…あれは、「いったんもめん?」

そうとしか考えられないほど、意志をもって、そいつは空中に浮いています。なんだか逆に私が観察されているようでもありました。

「か、カメラ!」

当時、デジカメはなく、使い捨てカメラが全盛期だったので、カバンをあさり、慌ててカメラを向けました。

「?…あれ?いない」

カメラを向けた時には、そいつがすでに居なくなった後でした。いったんもめんを見た!という証拠がなくなり、とてもガッカリしました。

でも、ほんの数分もしくは数十秒の間でしたが、確かにそいつはそこに浮いてました。目の錯覚でも、夢でもありません。

今でも水木しげる先生が大好きで、妖怪辞典を幼稚園の頃から愛読してるくらいだったから、あの物体は『一反もめん』にしか見えなかったのですが、あの正体は一体なんだったのか…今でも全くわかりません。

ちなみに、そいつは二度と現れませんでした。誰に話しても笑われるばかりで、写真さえ撮れていたらと悔やまれます。

どなたか同じような体験をした方がいないか気になるところです。

 
  • 匿名

    いったんもめんて意外と小さいんでしょ?
    鬼太郎もねこむすめも…
    ねずみ男だけは大きいって、本当かな?

     
  • 匿名

    私は小学校低学年の頃…
    近くの銭湯で頭だけ半魚人みたいになってる人を見た事ありますよ(笑)

    小さいながらも、この人は病気でこんな姿になってしまったのかな?って思ったのですが…

    今考えたら、病気で人間にエラなんてつく訳ないと思うし(笑)
    今考えたら妖怪だったのかな?って(笑)

    私の友人は、山で山菜取りをしてたら、いったんもめんらしき物を見た らしいですよ。
    風も無いのにちょっと大きめの白いバスタオルみたいのが頭の高さ位を平行飛行してたらしいです。

     
  • Yu~suke

    一反もめんではないですが、ひとつ目小僧なら見たことあります(笑)

     
  • 旧姓松野

    それって辻神かもしれないですね。

     
  • 内気なプレリュード

    妖怪っているのか
    いないのかわからないけれどいたらいいなあと思える作品でとても楽しかった。

    ありがとう。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★