【笑える霊】小っちゃいオッサン/HN:たけ

小っちゃいオッサン/HN:たけ

今だに鮮明に姿を覚えてる。小っちゃなオッサン。十年以上も前な事、夢だとばかり思っていたけど、鮮明過ぎる。

ほんの短時間な出来事でした。まだ自分が高校生の頃、深夜番組をウトウトと眠気と格闘しながら観ていると、本棚の隙間から

「何だか狭いな。何だこりゃ? うわっ?!」(今思えば、サマーズの大竹風な口調だったかな)

何かと思い見たら。ステテコすがたな、小さいオッサン!? ビックリするどころか、「何だこれ?」固まった(笑)



その小さいオッサンは、「よっ!どこだここは?」「まあいいか」

「一つ教えてやるぞ。義経だったかな?あいつらに、たらふく酒呑ませて、ぐるぐるバットをやらせると、顔がドンドン緑色に変わってくんだよ(笑)」

俺「・・・・・・」

オッサン「機会が会ったら試してみな(笑)!」

俺「う~ん無理・・!?」

オッサン「それは残念だな(笑)じゃあまたな」

そう言い残して、出て来た隙間へ、また切そうな口調で消えて行きました。

あまりにも鮮明に覚えているせいも有り今だに謎の出来事でした。勿論、変な薬なんてのもやってません(笑)

たまに思い出しては人に話すと笑われます(笑)いったい何だったのか・・謎です。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★