【怪談】汚れた一段/HN:スター森田

汚れた一段/HN:スター森田


私(♂)が地元の某大学で体験した話を1つ。

その大学は食堂が2階にあるのだが、私がその食堂を利用する時は非常階段から中に入っていた。

その非常階段は、清掃員のお陰で、いつもきれいだった。しかし、下から10段目の段が必ず、とてつもなく汚れていた。

虫の死骸や黒い油(?)のようなものがある。ここだけ掃除がされていないようだった。

だから、この段だけは誰も踏まなかった。私もこの段だけは踏まないように一段飛ばしで上っていた。

ある時、友人と食堂に向かうため、その非常階段を上がっていた。友人は話に夢中になっていて、その汚い段に足を掛けようとしていた。

私は友人に注意しようとするが間に合わず、友人はその段を踏んだ。

瞬間、段を踏んだ友人の足が、友人の頭の高さまで持ち上がった。そのまま友人は仰向けに倒れ、階段の角に後頭部を強打した。

私は、その場に居合わせた他の生徒達と一緒に友人を医務室まで運んだ。友人は意識ははっきりしていたが、念のため病院に連れていかれた。

後日、サークルの先輩に聞いた話によると、あの非常階段の10段目には女が寝そべっているらしい。

あの段を踏むと、女が怒って踏んだ人間を転ばすようだった。先輩曰く、あの段が汚れているのは、生徒が踏まないようにするためのものだと言う。

それならなぜ、使用禁止にしないのか。現在もあの非常階段は使われている。

ちなみに、友人は無事だった。倒れた時、どんな感じだったか聞いてみると、「よく分からない」だそうだ。

 
  • 匿名

    階段だけに

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★