【心温まる霊】愛猫の優しさ?/HN:ままかり

愛猫の優しさ?/HN:ままかり

去年のお話。

我が家には猫(メス)がいた。

誰にも懐こうともせず、人見知りが激しくて、いつも人を見下したような態度ばかりで……例えるなら傲慢な女王様とでも言うべきだろうか。

とにかくそんな女王様なもんだから、家族では私を除いて皆彼女には近づこうともしなかった。

正直その頃の私の家庭環境はあまり良いものとは言えず、家では家族と過ごすより彼女と一緒にいた。思えば彼女は私の母親みたいなものだったのかもしれない。

撫でようとすれば露骨に嫌がり、呼んでも大半は無視されたが。でも私が泣いていたりすれば傍にいてくれた。

だが別れは突然やって来た。雪が溶け出し始めた時期に、その彼女が死んだ。七歳だった。

…少し泣いた。傍に彼女はいなかった。

それから数週間がたった日のこと。部屋でボンヤリしていた時、足音が聞こえた。

最初は気のせいかと思った。次の瞬間目を疑った。視界の端に彼女がいた。いなくなった彼女がいた。

直ぐに振り向いたがもういなくなっていた。自然と彼女の名前を呼んでいたが誰も応えることはなかった。

その時、もう彼女には会えないんだと改めて実感して本気で泣いた。

傍に彼女がいるような気がした。

「オイ、今私は元気だぞ」

 
  • 道化師

    人と動物って意外と分かり合えるのだから、それはきっとあなたの事を心配して、様子を見にきたのだと思います。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★