【笑える霊】サニャツキ

サニャツキ

274 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2013/08/09(金) 19:53:30.14 ID:L3hbmMFa0

山仲間の話。

山歩きの途中で休憩していると、唐突に花の香りに包まれた。様々な野花の匂いが混じっているようで、何の花かは特定出来ない。

見回してみたが、辺りには花など一輪も咲いていなかった。

後で山に詳しい者に聞いたところ、「サニャツキに出会したのだろう」と言われた。

サニャツキとは『山野憑き』が訛った語らしく、取り憑いた者の周囲に野花の香りを漂わせる物の怪なのだという。

「花の香りを振りまくだけで、他に害はないというから、何も心配しなくていいよ。ただこいつ、気に入った人間に憑くというから、しばらく付きまとわれるかも」

確かに下山後、街中の自宅にいる時にも、いきなり花の香りが部屋に充満することがあったという。

「一月くらいでなくなったけど、爽やかだし悪いものじゃなかった。ただトイレの中で香りが爆発した時は、我慢できずに笑ってしまったよ。凄く豪華な芳香剤だったなぁ」

そう言って彼は苦笑した。

出典:http://toro.2ch.net/occult/

 
  • 匿名

    可愛らしい妖怪ですね☆

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★