【ドッペル】俺と俺/HN:イチゴ

俺と俺/HN:イチゴ


2ヶ月くらい前に体験した話です。

まだ暑い夏の夜、夜中の2時を回っていました。次の日(正確には今日か)は休みだったので夜更かししてました。

タバコがなくなりかけ、ついでにアイスと飲み物でも買いに行こうと思い、家を出て近場のコンビニに向かいました。

時間が時間なので辺りに人はなく静まり返っていて、夜風が少し心地よかったのを覚えてます。

すると前方から若い男性が歩いて来ました。まぁ特に気にする事なく擦れ違うはずだったんですが、ふと俺の視界に相手の足元が入ってきました。

「おっ同じサンダルじゃん」

と思い相手に少し親近感のようなものを感じ、視線を上げてギョッとしました。

なんと今俺が履いているステテコにTシャツまで全く同じ物を身に着けていたのです。

背筋にヒヤッとしたものを感じつつも更に視線を上げると、正に俺と同じ服装、同じ髪型、同じ顔の奴が擦れ違って行きました。

相手は無表情でこちらを見向きもせずスタスタ歩いて行ってます。

「はっ?そっくりさん?幽霊!?」

とにかくパニック状態で奴の後ろ姿に釘付けでした。

すると奴の足がピタリと止まりました。ヤバい!と思い鳥肌maxになり、すぐさまコンビニ方向へ向かいました。

多分10秒ほどしてからか好奇心に負けチラッと振り向きましたが、奴はもういませんでした。

あれから奴は見かけてません。精神的なものからきてるのかわかりませんが、あれがドッペルゲンガーというものでしょうか。

その後、自分なりに調べたらドッペルゲンガーに遭遇したら死ぬとかあったのでビビっております。

2ヶ月も経ったから大丈夫かな…まぁその時はその時だと割り切ってますけど(笑)

 
  • 匿名

    まー世の中には似た人がいるからなー

     
  • 道化師

    顔が似ている人ならいるかも知れないけど、服装まで一緒なんだからまさしくドッペルゲンガーですよね!!

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★