【怖い話】何をしても怒らない先生

何をしても怒らない先生

もう十年以上前の話です。

ある学校で、担任の先生が産休で、臨時の教師が雇われた。その先生はいかにも体育会系と言った感じの、怒らせたら怖そうな先生でした。

僕も含め、クラスのみんなは怒らせないように、怒らせないようにと気を使っていたのでした。生徒だけでなく、同僚の教員もそんな感じで、とにかく体格も人相も威圧感のある人でした。

ある日、生徒の一人が彼に向かってつい、聞く人が聞けば名誉毀損になるようなことを言ってしまったのです。生徒は冷や汗をかいていましたが、温和な性格なのか、彼は笑っていました。

このとき、彼の手がなぜか痙攣していましたが…

またある日、授業をサボってタバコを吸っていた生徒に遭遇しても、彼は笑顔でした。彼の車にマスタードをかけられたときも。

産休の先生が復帰する少し前に、彼は自殺した(らしい)です…このころから彼を日頃怒らせていた生徒たちに、怪異が起こったらしいです。

鏡の後ろに白目で笑った彼が映るようになった、ケータイの画面に彼の生首が写って不協和音が止まらない、白血病になった、など…。

誰も触れなかったけど、先生の拳の根性焼きが忘れられません。

 
  • 匿名

    学校の先生って、心の病気で長期傷病休暇をとってる人、スゴく多いですよ。

    私は、教職の身ですが、ある学校へ着任してから異動でその学校を去るまでの8年間、見たことがない(メンヘラで休職中)先生がいました。名前だけは、偶然友だちと同姓同名なので、今でも覚えている…。

     
  • にゃんこ

    感情を表に出さない人って、よほど人間ができた人か、鬱積するものが多大な人かと思ってしまいます。

    感情出さないとその鬱積した気持ちって増大しちゃうでしょうね。自殺した人もなんか気分転換できることがあったらよかったのになぁって思いました。

    真面目な人ほど、陥りやすい。

    心に余裕が必要ですね。

    でも、学校関係者は昔のように、怒ったりするのも問題視されちゃうから大変だと思います。

    せちがらい世の中ですね。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★