【不思議】三途の部屋/HN:紅音

三途の部屋/HN:紅音

この前少し不思議な体験をしたので初めて投稿します。

先日、仕事とかプライベートとかで嫌なことが重なって

「まぁ、死ねたらラッキーかな」

くらいの気持ちで、家にある風邪薬や鎮痛剤や酔い止め等、薬を掻き集めて飲んで寝たときに夢を見ました。

夢の中で私は、ある部屋の中に入って行くんです。

その部屋の中には古い木製のテーブルと椅子が並んでいて、部屋の中を照らす電灯はオレンジ色の光を放っていました(浴室の電気って光が白色じゃなくてオレンジ色っぽい家ありますよね。あんな感じです)。

椅子はほぼ満席状態で皆、俯いて暗い顔をして座っています。半分ほどはお年寄りの方でしたが、40~50代くらいの方も結構いらっしゃいました。

私は、「どこか席空いてないかな?」と空いた椅子を探しながら歩いていました。すると、突然一人のおばあさんが立ち上がり、私の方に向かってきて

「あんたみたいな若いもんがここに来ちゃいかん!まだ間に合うから早く戻りなさい!」

と言われ、無理矢理部屋から追い出されました。

その後、私は目が覚めて、薬を飲み過ぎた気持ち悪さで吐いて、今は一応普通に生活しています。

臨死体験をした人が三途の川とかお花畑を見たというような話を時々聞きますが、それは天国に行ける人が見られる光景で、私が行った部屋は地獄に繋がる部屋なんじゃないかと思います。

自ら命を絶った場合、地獄に落ちると言いますし。部屋の雰囲気もそこにいた人の表情も暗くてどんよりしていたので。

いつか寿命を全うしてあの世に行くときにはお花畑が見られるように一生懸命生きていこうと思った出来事でした。

 
  • 匿名

    概念なんだから、全く一緒ではないと思いますよ。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★