【不思議】友達の子猫の話/HN:ゆめ

友達の子猫の話/HN:ゆめ

今回は、霊感が強いがまったくそれを信じていない友達(以下Cとする)の猫の話を。

Cは中学生の頃から猫を1匹飼っていて、今はそれが拾ったりもらったりで5匹に増えてますが、その当時の雄の猫(仮名:コウ)がある日子猫を連れて帰ってきました。

わたしも中学の時はCといつも一緒で家にしょっちゅう遊びにいっていたので、子猫がいつからか住み着いていたのを知っています。

子猫の顔立ちと、コウの子猫に対する可愛がりかたで、おそらくコウがどこかで作ってきた子供ではないかという結論になりました。

猫が増えてコウも嬉しそうだなぁと思っていたんですが、それから半年ほど過ぎたあたりで子猫が外に出かけたまま帰って来なくなりました。

コウも何回も出かけてるので見つければ連れてくると思うのですが、近所の人からそれらしき子猫を見たという話を聞くだけで、とうとう家には帰って来ませんでした。

あれから7~8年たちますが、コウがまだ生きているのであの子猫が生きていても不思議じゃありません。

友達のCは1年ほど前にその子猫が家に帰ってきたのを見たそうです。ああ、帰ってきたんだ。そう思いよく見ると、子猫はなんだかぼんやりと見えていたらしく、すぐにすっと消えてしまったと言っていました。

そこで、ああもうあの子は事故か何かで死んだんだと静かに悟ったんですって。いつ死んだのかわからないけどコウが連れて来なかったとこを見ると、いなくなってすぐのことだったんでしょう。

Cが子猫を見たのは今のところそれが最後です。何か伝えに来たのでしょうか。

話すCは少しだけ寂しそうに、けれど静かに話していました。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★