【不思議】髪/HN:河上龍泉

髪/HN:河上龍泉


佐々木さんというおばあちゃんから聞いた話。

この話は(黒の衣様)に通ずるような神様への畏怖に関する話かと思う。

私の田舎では昔は髪を奉るっていうか、洒落ではないが家の若い女の子の髪を切って、結束し、神社に奉納するというひとつの行事があった。

そのためみな、その時期になると髪を短く切らねばならないので同じような髪型になってた。

はるか昔はやはり命をもって生け贄の儀式があったそうだが、いつの頃からか髪を奉納するようになった。

ある日ね、髪を奉納しなかった奴がいたんだ。それは遠くから移ってきた人間だった。

髪を奉納するなんてきれいな髪を切るのなんて嫌だし、家の娘にそんなことは出来ないと言う。仕方なく、母親の髪の毛を代わりに奉納した。

その次の日、母親が急死した。

やはり神様を騙すなんて良くなかったんだって思う。その後、ひっそりと家族は村を出て行った。

「やっぱり神様は見てるんだよね、悪いことは出来ない。奉納するとか祀るって形だけだと思ったら勘違いで、ちゃんと意味があるんだよ」

 
  • 河上龍泉

    管理人様、コメントの削除お願いします。
    不愉快です。

     
  • 匿名

    馬鹿以外には一人しかコメント書いた人いないのに「おまえら」だって…。

    ぷぷぷ…日本語のお勉強ちまちょうね。

     
  • 川上雀

    だったらおまえらおもしろいのかいてみろΨ(`◇´)Ψ

     
  • 匿名

    下の下の下の下の下の下の下の下の下の下の下の下の下の下の下の下

    駄作の中の駄作

    キング・オブ・駄作

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★