【笑える霊】異世界の住人/HN:ロビンM

異世界の住人/HN:ロビンM

16の時、高校を退学になってしまった俺は暇を持て余していた。湘爆に憧れてた事もあり、暇潰しに暴走族を結成した。メンバーは龍を含む五名。

毎週土曜の晩から日曜にかけて、好き勝手に暴走したり喧嘩したりシンナー吸ったりなんかしてた。まぁ、今思えば人生で一番楽しくもあり、また腐ってた時期でもあるワケだが…

その晩も龍をケツに乗っけて、盗んできたゼファーに乗り、我が物顔で国道を占領していた刹那

ウーーー!!ウーー!!

「はい、前のバイク止まりなさい!左に寄って止まりなさーい!」と、暇なパトカーと覆面がアオッテ来た。

龍「うるせーぞ!この糞ポリ公がぁ!」

単細胞な龍はコンビニに置いてあるような防犯用のカラーボールを覆面のフロントガラスに投げつけた。

「コラ!餓鬼が!止まれ!撮影してるぞコラ!止まれ!」

フロントガラスを真っ赤にされたのがよっぽど悔しかったのか、拡声機の声が荒々しく変わった。

グニャグニャと変なダンスをしながら警察を挑発する龍はこの時最大のヘマをやらかしていた。馬鹿なので、特攻服の背中に金の刺繍でデカデカと自分の本名を縫い付けてしまっていたのだ。

バキン!!

やはり龍は馬鹿なので、覆面のミラーを木刀で叩き割ったり尻を出してあっかんべーとかして更に挑発している。

「こりゃパクられんのも時間の問題だな…」

と、考えていた刹那、前を走っていた良太郎のペケJが黒塗りのベンツに体当たりされて派手に転倒した。

ロ「やべ族狩りか?!」

俺は次の瞬間、左に見えた細道へと逃げ込んでしまった。

俺は自分の情けなさと外道さにつくづく呆れてしまう。なんであの時、良太郎を見捨てて逃げてしまったのか…しかし今にして思えば、既にあの時導かれていたのかもしれない。あの場所に…

俺のゼファーは警察の追尾を振り切り、寝静まった閑静な集合住宅地の中で下品な爆音を響かせていた。

おかしな事に気づいたのは、住宅地を抜けて大きな河の堤防が見えた時だった。

ロ「あれ?ここ何処だ?」

この辺りの土地は大体頭に入っていたつもりだったんだが、この河は初めて見るものだった。

ロ「おい龍!こんなでけえ河なんてこの辺りにあったか?」

しかし龍は先程の元気を何処で落として来たのか、俺の背中に頭を押し付けながらブルブルと震えていた。

龍「あ、兄貴…さっきからなんかスゲェ寒いんすけどなんなんすかねコレ?」

確かに俺の腰辺りに回した手はガタガタと震えているようだ。正直、龍の健康状態などどうでも良かったので、俺は見慣れぬ川沿いの道をひたすら行く事にした。

もう時速60kmで20分は走り続けているのに、永延と続くこの土手沿いの道はまだまだ先に続いている。

ロ「おいマジで何処だよここ?」

龍には聞こえていないのか背中に頭を押し付けたままで返事が無い。遠くの方でボンヤリと揺れている街の明かりに比べ、街灯も無いこの道は 腹が立つ程気持ちが悪い。

すると、河に掛かる大きな橋が見えてきた。反対岸へ渡るべきか? 橋の袂にバイクを停めて暫く考えていると、橋の向こうから人が歩いて来るのが見えた。

近づいて来るにつれ体格のがっしりした男であることが分かって来た。のっしのっしと歩くその男は両脇に何かを抱えていた。ヘッドライトで照らして見ると、それは首の無い犬だった。

たった今首をもいだとばかりにジュクジュクと血がしたたっている…そしてその男の顔は、パンク町田に負けるとも劣らないほどの野生の男気をプンプンと放っていた。

町「おい!コッチには来んなよ!分かってんだろうな?」

突然、町田は大声で警告してきた。

町「お前らどうやってここまで入って来た?まだ間に合う引き返せ!この橋を渡ったらもう終わりだぞ!」

全身が焼け焦げたかの様に真っ黒な体をした町田は、それだけ言うと抱えていた犬を河に放り込み、橋を引き返して行ってしまった。

ロ「なんだあのブタ野郎!」

偉そうな町田の言うとおりココで引き返すべきか、それともこの橋を渡るべきか、考える事10秒、俺は橋を渡る事に決めた。

ボォン!ボボおおおお!

幅5mほどの橋を低速でゆっくりと渡って行くが、不思議な事に町田の姿が見当たらない。

ロ「おかしいな…あのチョビ髭何処行ったんだ?」

もう追いついてもおかしくない所まで来ている筈なのに、町田の姿は無く、代わりに橋の両サイドにはビッシリと花やら子供のオモチャやら、小さなお地蔵さんやらが所狭しと並べられていた。

ドン、ドン、ドン、ドドンがドン!
ドン、ドン、ドン、ドドンパドン!

突然、和太鼓の音が鳴り響き反対側の土手がフゥと明るくなった。そこにはハッピ姿の老若男女の長い行列が、神輿を担ぎ、太鼓の音に合わせて踊りながら行進していた。

呆然と眺めていると、その行列はこの橋に進路をかえてゆっくりとこちらへと近づいてきた。

皆、陽気に両手を左右に振りながら独特のステップを踏んでいる。その楽しそうな雰囲気に微笑ましく思っていた刹那、神輿の上に乗っている物を見て驚愕した。

なんと、神輿の上で陽気に踊る子供達の首から上が無くなっているのだ…そして神輿を担ぐ大人達も同様、全員の首が無くなっていた。

ロ「ぎゃっほほーい!!」

俺は今来た道を引き返そうと、バイクを反転させてアクセルを全開にヒネった。

ボォン!ボボおおおお!!

ロ「やべやべやっべ!あいつらマジやっべ!!」

『キタキタ入ってきた♪ 放り込め放り込め♪ 河に放り込め♪ 殺せ殺せ♪ 死ね死ね死ね♪ 』

背後から鮮明に聞こえてくる大勢のその声に、恐怖はみるみる増幅されていく。すると、突然後ろで龍がバタバタ暴れ出した。

龍「あ、兄貴!助けて!誰か引っ張ってる!俺の服引っ張ってるよぉ!」

ロ「堪えろ龍!こいつら振り切ってやるからシッカリ捕まってろ!」

龍「あ、兄貴!足掴まれた!落ちる!落ちちゃうよ助けてぇ!」

ロ「うるせー!お前ちょっと黙ってろ!」

龍「ひっ、ひぃいいい」

すると、ズシンと後部座席が急に重くなったかと思った瞬間、龍が俺の首を絞めてきた。

ロ「グゥ、な、なんだお前!」

『俺は忠告しただろォ、忠告したよなぁ、返さねぇよ、お前らもう返さねぇよ、グフ、ぐふ、グフ、』

ロ「ま、町田か?」

ガシャアアアア!!

もう少しで橋を渡りきれるという所まで来て、とうとう転倒してしまった。土手に放りだされた俺はなんとか上体を起こし、橋の方を振り返った所でもう助からないと悟った。

神輿を担いでいた首の無いあいつらが…まさに貞子3Dかの如く、四つん這い状態になってワサワサともの凄い速さで追いかけてきていたのだ!

町「お前ら止まれええい!!」

その町田の一声で首無し共が一斉にピタリと止まった。

町「ふん、お前らラッキーだったな。橋を渡りきった奴までは俺も連れて行く気は無い… もう二度とここへは来るなよ、次は確実に連れて行くぞ…!!」

そう言うと町田は俺と龍の首を両脇でガシリと挟み込んだ。町田のワキからは強烈なボロ雑巾の香りがして、意識がゆっくりと無くなって逝くのを感じた。

ふと、気が付くと俺達は周りを森で囲まれた暗い場所に横たわっていた。顔を上げ周りを見渡すとそこには沢山の石碑が見える、どうやらどこぞの墓場にいるようだ。

龍はまだ気を失っているのかピクリとも動かない。

町「お前らやっと起きたのか?」

町田が俺の顔をニヤニヤと覗きこんできた。

ロ「ど、どこだよここ?」

町「ここはお前らみたいにコッチの世界に迷いこんで来て首をもがれた哀れで馬鹿な人間達の墓だよ。グフ、ぐふ、グフ、

ほら、石碑の上を見てみろよ!」

ヨロヨロと立ち上がり、辺りを見渡すと全ての石碑の上に生首が置いてあった。

ロ「お、おい!町田!お前正気か?」

町「マチダ…?誰やねんそれ? 俺は松田だ!」

ロ「どっちでもいいよワキガ野郎!早く俺達を元に戻せバカ野郎!」

松「グフ、ぐふ、グフ、

分かった!分かった!元気のいい奴だな、じゃあ最後にそこの墓を見てみろよ小僧!」

松田が指さす先の墓石には、俺の親父…肺癌で他界した筈の最強の親父の名前が彫られていた。

ロ「ま、松田!どういう事だよこれ!説明しろよ豚野郎!」

松「グフ、ぐふ、グフ、

これの事かぁ?そうだ、俺がやったんだょ、俺がもいでやった!」

松田は右手に掴んでいた親父の首を、両手で掴み直しバリバリと喰い始めた。

松「まじィ、お前の親父クソまじィぞ!グフ、ぐふ、グフ!!」

ロ「オヤジーー!!」

俺はポッケからメリケンサックを取り出し、町田、いや松田に殴りかかった。

しかし、あっさりと前蹴り一発で跳ね返された俺は、親父の石碑に頭を打ちつけて気を失ってしまった。

目が醒めると病院のベッドの上だった…俺は丸7日間眠り続けていたようだ。

俺を心配して泣いていた妹達が言うには、俺は良太郎が転倒した後に続けてクラッシュしてしまい、そのまま意識を失ったそうだ。

頭と首からの出血が酷く、もう少し止血が遅かったら危なかったと言われたそうだ。

全身包帯だらけの俺は、町田…松田…町田…松田…とうわ言の様に繰り返していたと夏美は言った。

因みに龍は脳震盪と骨折だけで済んだ。

俺はまぶたの裏に焼き付いた松田の姿から逃れるべく、固定された首を無理矢理動かして4階の窓の外を見た。

するとそこには悔しそうな顔をして俺を睨んでいる町田、いや松田の顔があった。

p.s ( 生死の境を彷徨った俺が見た松田は、今にして思えばあの世の猛者、閻魔大王だったのかも知れないな。

まぁこの話は全て俺のたんなる夢だった事を、最後に付け加えて置くとしよう…)

 
  • ロビンM

    やあホワイトデーの件でGODIVAで一万円も使ってしまったロビンミッシェルだ。

    紫姫氏、またまた俺の可哀想な「作文」にコメントを付けてくれてありがとう。しかし今思い出してもあの町田、いや松田のただならぬ雰囲気と容姿のポテンシャルには恐怖と寒気を感じるよ…ひ…

    やつはもしや異世界の案内人なのか、悪魔の使いなのか、はたまた動物に詳しいただのおっさんだったのかは残念だが今だに分からない。すまん! ただ俺の後ろでひゃっはーしていたあいつの体臭は間違いなくWorldクラスだったのは確かだ!…ひひ…

     
  • 紫姫

    ロビンさんは、7日間も 意識不明で 家族の 皆さんも さぞや 心配に なった事でしょう。 ロビンさん本人は、 夢を 見ていたと 書いて 有りましたが、 恐らく その7日間は、臨死体験をされた? と 思います。 人によって… 臨死体験の内容&体験した時間等 違いが、あるそうです。 ロビンさんの臨死体験? (ロビンさん適には、夢)は、まるで 映画のような 大スペクタルな迫力&バイク チェーイス[s:17746] ですね。

     
  • 匿名

    笑えなくてビビってしまった一人だけど、期待してます

     
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。
    皆、読んでくれて有難う!
    期待に添えるか分からんが
    また載った時は構ってくれ。ひひ…

     
  • 匿名

    隠れファンです!!気長に待ちますのでまたヨロシクです。

     
  • 匿名

    笑えなかったし怖かったけど、面白かったです。

    でも、カテゴリは怖い話のが良かったような?
    笑える幽霊の話読む時って、怖い話読む気分じゃない時多いから。
    そんな時、この話読んだら、トイレ行けなくなりますw

    個人的に好きな話ですけどね

     
  • 匿名

    面白かったです。ロビンMさん、元ヤンキーの迫力で○上さんを黙らせて下さい。

     
  • 匿名

    私も笑えませんでした。

     
  • 匿名

    笑えなかったです、この話…。

    フツーに怖かったです!

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★