【心温まる霊】優しい老人

優しい老人


私は学生時代、夕方に一人で道を歩くことが多かった。

暫く歩くと、老人がいた。いつも途中まで一緒に帰るのだが、なぜあそこにいらっしゃるのですかと聞くと決まって

「仕事から帰るばあさんを待っているんです」と言っていたが、そのおばあさんらしき人にお会いしたことはない。

え?待たれなくても大丈夫ですか?と聞くと、大丈夫とは言っていた。近くに家があり、そこがおじいさんの家だという。

数日後、友人にその話をすると

「あそこは空き家だし、誰も住んでない。おじいさんが生きてるときは仕事帰りの奥さんをむかえに道に出てたらしいよ?

おばあさんが亡くなった後もずっと道で待ってたらしくて。亡くなったのを信じたくなかったんだろうね」 と友人。

いや、生きてる人だって!夜中じゃないし!!

家から学校が遠かったので、母が私を車で送り迎えしてくれる事になった。帰り道、またおじいさんがいた。

おじいさんに母がこれからは送り迎えしてくれるという話をすると、「良かった!心配してたのだよ。これからは安心だねぇ」と言っていた。

いつもの道の境目につき、「おじいさんもお元気で」と私が言うと、おじいさんは笑顔でうなずいた。

暫く歩き、私は気になって後ろを振り返ると、おじいさんの後ろ姿が見えた。そして、スッと消えた。私は暫く唖然としていた。

後日、おじいさんの家に行ってみると、随分荒れ果てていて、人が住んでる気配は無かった。

壁が崩れていて、それを信じられない気持ちで、外から見ていたのだけど、遺影らしき写真が見えた。まさしくおじいさんだった。

私は手を合わせて、おじいさんに感謝した。

おじいさん、ありがとう。

 
  • 匿名

    癒されるあたたかいお話しでした。
    生前も、きっと優しいお爺ちゃんだったのでしょうね。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★