【不思議】ほいほい火/HN:やまっち妻

ほいほい火/HN:やまっち妻

昔、…多分アラフォーやアラフィフの方なら御存じと思いますが、子供向けの怪しい入門書が大量に出回っていたことがありました。

「探偵入門」「山登り入門」「少女まんが描き方入門」「忍者入門」など。

「忍者…」なんてジャンプ力を鍛えるのに、育ちが早い麻を植えて毎日とべ、とか、加瀬○周やないねんから。

さて、そんな中に「水○しげるの妖怪入門」というのがありました(←んなもん入門するなよ)。

中に「ほいほい火」という妖怪が出ていました。古戦場か城跡で「ほーいほい」と三回唱えて、柏手を打つと現れる鬼火で、見ると病気になるそうです。

病気というと風邪引きくらいしか思いつかない健康優良児の私と友人A子ちゃんは、「K城跡行ってみよ、学校休めるかも」。すると一人のジャイアン系男子が「俺も連れてけ」。

その日の夕方、私達三人は城跡の石碑に向かい柏手で「ほーいほい」。ほいほい火は出ませんでしたけど、突然いやな風が吹き抜けました。

わたしは「もう帰ろうよ」A子ちゃんも同意。「ねえ、ジャイアン君も」。すると、彼は答えました。「女子だけ帰れ。おれは見たいんや」。私達は「キャー」とか言いながら逃げ帰りました。

翌日なんとジャイアン欠席。彼と家の近いA子ちゃんが連絡帳を持っていき、その時、ほいほい火を見たのか訊いたそうです。「見てへんわ、まっとったのに」とのこと。

少し前、バイト先の塾の、わりと霊感のある子にその話をすると「先生、それ、見えてなかっただけや。来とったんや」と恐ろしい意見をいただきました。

 
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。
    …人妻で塾の先生…ひひ…
    …すまん!イヤラシい想像はしてないので安心してくれ!///

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★