【不思議】蒼い光/HN:やまっち妻

蒼い光/HN:やまっち妻


あれは六年前。父は仕事で泊まり。祖父は入院中。私と母と姉は、三人でパソコンに映るテレビ番組を見てダベっていました。

いつの間にか私たちはその場で寝くたれており、母か姉が消したのか電気も消えていて真っ暗。その時です。むぁん…と、パソコンの付く音が。

画面を見ると蒼っぽい光と「ようこそマイクロなんとかへ」みたいな例の宣伝場面。リモコン踏んづけたかな?と尻の下を見ましたが、何もない。

ははあ、母達のどっちかやな、と思って取りに行こうとすると、見ればちゃぶ台の上に載ってる。変なの。手を伸ばしリモコンを取りパソコンを消しました。

再びの闇。しかし何か、なんともいえない不思議な違和感が来ました。なんとなく振り向くと、神棚の側に、豆電球のようなものが2つ浮かんでいました。

1つはガス火のような蒼、もう1つは缶詰みかんのようなオレンジ。直感で「人魂だ」と思いました。しっぽもなく、本当に豆球そのものなのに、どこか禍々しい。

一旦電気を付け、もう一度消したら、2つとも消えていました。母達を起こし、それを伝えると「見間違いでしょ」パソコンの件も「リモコン踏んだんやない?」

…なんで深夜にちゃぶ台の真ん中によじ登らなアカンねん。

翌日、母達は神社の月参りに行き、帰ってきた時「あんたの言ってたことホンマやったわ」。

なんでも参道にいる物凄く当たるらしい占い師が「それ人魂や。橙のは大したこと無いけど、蒼はちょっと危ないな」と言ったそうです。母は「気ィ引き締めんとアカンね」と言い盛り塩をしました。

…その年、祖父が肺癌で他界しました。

(余談)

故人の好きだったものを棺に入れる時、私が「マ○ルドセブン、入れたげようや」というと、母が「肺癌で死んだのに、それはアカンやろ、それに晩年は禁煙しとったし」と。

「ううん、隠している所をワタシは見た!」

おじいちゃんの小さい引き出しから封の開いたマ○センを取ってきて、「ほら」と箱を開けると…絶句。なんとタバコでなくカミソリの替刃が入っていたのです。

手伝いに来ていた近所のおっちゃんが無言で新品のマ○センを、祖父の側に置きました。…ある意味、人魂よりコワイ話。

 
  • やまっち妻

    ロビンさんのコメント読んでる最中1mg吹かしているだけだったけど、半分もいってないのに、つい揉み消しましたよ…ふふふ。

     
  • ロビンM

    二つの人魂とおじいさんの死は何か関係があったのだろうか?
    やあロビンミッシェルだ。
    俺の最強の親父も三年前に肺癌で他界した。
    血を大量に吐いた親父は既に末期で手の施し様が無かった。三ヶ月間の闘病…
    何も出来ない俺達家族は本当に辛かった。

    親父は血を吐く一週間程前に奇妙な夢を見た。
    それは、ひたすらげぇげぇと汚物を吐き続ける夢だ。それはゴミやゴキブリ、雑巾やまさかのウ◯コまでもだ。
    これは親父本人から直接聞いた話なので確かだ。
    汚い話で申し訳ない。
    癌は隔世遺伝するらしいのでやまっち妻氏も気をつけてくれ。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★