【怖い話】振り向く女/HN:ロビンM

振り向く女/HN:ロビンM

やあロビンミッシェルだ。

皆、去年亡くなった昭和の猛者を覚えているだろうか? そう、桑名◯博だな。

桑名と言えば引きこもりに始まり、矢沢と喧嘩したり、シャブ食ったり、未成年猥褻事件等々、何かと世間を騒がせてきた男だ。

前にも述べたが、俺には五つ年の離れた双子の妹がいる。

俺がまだ二十歳の頃、妹二人を連れて親戚が営む居酒屋に晩飯を食いに行った刹那、店の奥にある小上がり席から聞き覚えのある大きなダミ声が聞こえてきた。

柄の悪い、関西弁丸出しのその声の主はお気づきの通りセクシャルヴァイオレットだった。

ロ「お、芸能人!」

俺は素直にテンションが上がったが、妹達はなぜか桑名を見た瞬間、嫌な顔をして帰ろうと言い出した。

その理由を何度聞いても教えようとせず、しきりに上着の裾をグイグイ引っ張ってくる…終いには夏美の方が泣き出す始末だった。

もう二人共ボコボコにしてやろうかと思ったんだが、最強の親父に見つかると倍返しにされてしまうので、そこはグッと堪えて店を出た。

ロ「なんだよ!サインぐらい貰わせろよ!」

密かに彼の生き方をリスペクトしていた俺は、滅多にないチャンスをみすみす逃してしまった事にかなりイラついていた。


夏美「もう、兄貴はやっぱ鈍感ね… あの人の周りの空気ヤバかったでしょ!気付かなかったの?」

美菜「そうそう、桑名さんの前に座ってた女の人が特にヤバかったよね…?黒い霧?モヤ…? なんか怨みって言うか、もっと邪悪な物感じたよね…」

夏美「同意同意!てか美菜気付いてた? 私達がお店出る時さ、あの女の人振り返ってずっと私達の方見てたでしょ!?」

美菜「嘘、キモ!」

夏美「なんかね、スッゴい笑ってたの…オェェッ…!」

突然えづき出した夏美を、同じ顔をした美菜が介抱している姿を見ていると何か薄ら寒いものを感じて冷や汗が止まらなくなってきた。

そう、俺には見えなかったんだ。桑名を含め男性四人の姿しか…

チッ!

しかも振り返った女の体は向こうを向いていたにも関わらず、首がグニャリとあり得ない程に回っていたという。

俺はその後、用事を思い出したと嘘をついて逃げるようにパチンコ屋へと向かった事は言うまでもないだろう…

【了】

p.s (一卵性双生児の妹は兄の俺でも殆ど見分けがつかない。姉の夏美の口元にあるホクロが唯一の目印だ。そして彼女達はガキの頃から完全に俺をナメている…)

2013年12月26日(木) 21:18
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。
    ヒヤヒヤさせてしまったか?
    すまん!
    しかし俺の人生はずっとヒヤヒヤの連続なんだ。
    今も私服警官が数人家の周りをウロついてやがるよ…ひ…
    それからやまっち妻氏、のび太の癖に両手に花とはなんとも羨ましい話だな。
    あ、片方はブスか…ひひ…

     
  • 匿名

    ミッシェルさん、話も「やあロビンミッシェルだ」もいつも面白いです。
    けど、毎回色んな意味でヒヤヒヤするのは私の考えすぎですかね?
    桑名さん検索したらアン▲イスさん出てきました…「あゝ無情」好きです。
    次回も楽しみにしています☆

     
  • ロビンM

    皆、有難う。
    やあロビンミッシェルだ。
    な、何!浪速が生んだスーパースターを知らないだと? …ひ…

     
  • 匿名

    桑名さん存じ上げませんでした。
    ロビンさん渋いです。

     
  • やまっち妻

    見たことあります。芸能人ではないのですが。シンイマで、の○太っぽいサラリーマンが片腕にピンクのフリフリワンピースの太ったちょっとイタイ女性を連れ、もう片腕にはすごい美人がまとわりつき。どうでもいいけどいい身分やな、と思っていたら、側にいた友人が「見てー、あのカップルイタイー」。私「美人もおるやん」友「はぁ?ブスだけやん」。その時は精神不安定でもなんでもない。通○閣もそびえてる。何か、毎月の大量出血を持つ女子は特殊かも(友人も女子でしたが)です。

     
  • セクシャル・ヴァイオレット№1

    ロビン・ミッシェルさん、投稿広場からの掲載おめで~っす!

    ファンです。ファンのくせに、どーも…ミッチェルとかミシェールとか読みがちなアホンダラです。

    ロビンさんのハンネを見ると読む気満々、ワクテカ気分になります。

    これからも楽しみにしていますので宜しくお願いします。ひひひ…

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★