【都市伝説】マニラの裏バイト/HN:ボギー

マニラの裏バイト/HN:ボギー


この話も私が30年程前に聞いた話です。

ある会社員が昭和40年代半ば、仕事でフィリピンの首都マニラのあるホテルに泊まった時、ホテルの部屋をノックする音が聞こえてドアの前まで来たものの、時計を見れば深夜の0時半。

常識的に考えればホテルのボーイでもよほどの事がない限りこんな時間にノックするなんて考えられないし、それにこのホテルには知り合いはおろか会社の同僚も宿泊していないはず。

恐る恐るドアを開けたらなんと一人の警官が立っていて、笑顔でカタコトの日本語で

「コンバンワ、コレヤスクシトキマス。カイマセンカ?」

と言ってホルスターからなんと拳銃を取り出すではないですか。

その人はその場で凍りつき、目の前の警官が自分の拳銃を買ってくれとお願いに来た事の意味を理解したのですが、その人は偽警官と疑って丁重に断りドアを閉めたという事でした。

日本では絶対にありえない光景で気になり、明くる日にホテルのフロントに聞いたら現地の本物の警官で、日本人が泊まってる部屋番号をフロントで聞いて格安で売るバイトをしてるのだと、さもこの国では日常茶飯事だと言うような口振りで平然と話す始末。

今はどうか知りませんが、当時は現地の警官の給料はかなり安くて多数の警官が副業で拳銃の販売の裏バイトをしているとの事でした。

特に日本人はほとんどの人が拳銃に無縁なので他の国の人に売るよりも商売になりやすいとの事でした。

チェックアウトの最後にフロント係が言った言葉は

「マニラは治安が悪いので拳銃の一つぐらい持ってた方がいいですよ。警官が売る拳銃は安くて性能もいいので安心です」

と平然と言ったそうです。

今もこういう警官の裏バイトがあるかどうか知りませんが、この話は実話です。

 
  • 匿名

    つい先日、フィリピンで警察に捕まったが何もしていないので大人しく連れていかれたところ金銭を要求されたって話をテレビでやってたな。
    何もしていないので拒否すると、罪をでっち上げられて有罪を食らったそうだ。
    しかも再現VTRでは暴力まで振るわれていた。

    フィリピンで警察にイチャモン付けられたら素直に金を払った方がいい。

    それが嫌ならフィリピンには行かないことだ。

     
  • 匿名

    やまっち妻さんも馬鹿相手にイチイチ反応しない方がいいよ。反応して賢い方、とか一言多いからいつまでも続くんだわ…

     
  • やまっち妻

    賢い方。…ところで、今らへんは、そんなに忙しくありません。規模が小さいので。みんな、もっと大きい神社に行っています(えべっさんや成人式は、やっぱりハデにということで)。裏話ですが。

     
  • やまっち妻

    フィリピンは、そうですか。日本なら、隠蔽体質、ことなかれ主義、この頃じゃ盗撮とか。何か、国民性は、善悪区別なく出る?ものですね。…もっとわけわからん国では、何が?

     
  • 匿名

    市民を守る立場にある警察官や政治家には、金銭的な不正を働かないために、ある程度の金を握らせとかないと(給料)、癒着や横領など良からぬことを考えかねない…ってことは、確かにあります。

     
  • 匿名

    昭和50年代、父の仕事の関係でフィリピンに住んでいましたが、この話事実と思います。

    当時はマルコス政権下にあり、市民は悪政に苦しめられ貧しい生活を強いられていました。

    さすがに拳銃売るバイトの話は知らなかったですが、フィリピンでの生活は車中心なんですが、時々警察官が何かとイチャモンつけて交通違反してないのに違反だと言い切り罰金取られるケース多かったです。
    しかも、語学苦手な日本人がやられることが少なくなかった…。

    うちの父はたまたま語学堪能で無事でしたが…。

    マルコス政権が倒れだいぶ経ちますが、相変わらず貧富の差は激しいようですね。
    警察官の待遇が良くなっていればいいんですが…。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★