【不思議】散歩/HN:いくゆみ

散歩/HN:いくゆみ

私は運動が苦手だ。だが身体を動かさねば健康には悪い。若いうちはいいのだが歳を取ると心配だ。

なので気休め程度に夕食後には散歩をするのが日課である。

住んでいるのが田舎な場所のせいか街灯もなく人通りも少ない。その日も友人2人と散歩をしていた。

後ろの方から車の走る音が聞こえる。私たちの側で止まる。運転手が窓を開け話掛けてきた。

「すいません、この辺りでハングライダーの落下事故あったんすけど…知りませんかね」

私は疑問に感じた事があったがすぐに返事を返して友人たちに警戒するように合図を送った。

「知りませんね」

「そうですか…ハングライダー飛べるとこ分かります?」

「橋を渡った先にあったと思いますが、かなり先を回るように行かないと車では入れないと思いますよ」

「ありがとうございました」

そうお礼を言って人の良さそうな運転手は去って行った。

この辺りでは見掛けない人物。
大きなワゴン車。
スモークガラス。
車内のカーナビ。
不思議な質問。

どれをとっても私には怪しい人物にしか思えなかった。

1つはこの近辺で何かあればすぐに連絡があるという事だ。田舎とはビックリするくらいに情報が早い。

そして、もう1つはハングライダーでの落下事故ならば少なからず怪我をしているだろう。本来なら事故現場よりも病院に行くのが普通ではないのか?

というものである。

また最近のカーナビはとても優秀だ。知らない通行人Aに聞くよりも確かだろう。

ワゴン車の後ろはスモークガラスになっていて分からないが、たぶん何人かいただろう。

彼らが何者かは知らないけれど、私には霊よりも人間の方がよっぽど怖い。もし私が一人だったら、どうなっていただろうか?

 
  • 匿名

    ヤバかったかもぉ~

    ご無事でなにより!!

     
  • 匿名

    んー…何とも気持ちの悪い話ですね。
    夕食の後なら夜だったのですかね。
    投稿者さんが事件に巻き込まれなくてよかったです。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★