【笑える霊】民宿/HN:やまっち妻

民宿/HN:やまっち妻

知人の学生時代、彼の友人の外国人(欧州白人)が、同国人の仲間と連れ合って古い目の民宿へ。

昼は水泳、夜は海の幸、深夜はダベリ。旅先の定番、盛り上がったそうです。

さて、そろそろ寝よっか、という時。…オバケが出た。四、五人のメンバーが全員見たそうです。

みんな、叫びました。しかし恐怖からでなく、物珍しさに。

カメラ構える者。その時オバケの横に行こうとする強者共。インテリ系が英語で尋ねました。

「あなたはどうして出てきたのですか?」

…すると、オバケは「…ハロー」と言って消えたそうです。

 
  • 匿名

    あのさぁ、
    白人でもロシアとかスラブの人は欧米人には微妙に入んないよ~

    ま、この話はロシア人ぽくないけど。

    それより気になる、
    同じ人だよね?
    やまっち妻さんに噛みつくの?
    やめたら?
    私、関係ないけど、読んでいて不愉快だわ。

    彼女気にしてないみたいだからいいけどさ

     
  • やまっち妻

    白人と、書いたのは写真を見せてもらったからです。ヤンチャそうな若者達でした(1人金髪のスナフキンみたいなのがいましたが)。雰囲気を伝える為そう記しました。それから、欧米人と書かなかったのは米国人ではないからです。

     
  • 匿名

    わざわざ「白人」と書く必要がありますか?人種差別的な表現ではありませんか?「欧米人」との表現で十分ではありませんか?

     
  • 匿名

    このオバケはオバQだよ、たぶん。
    ドロンパじゃないね。

     
  • ロビンM

    ハロー!ロビンミッシェルだ。

    最後のオチで、入れ歯じゃないのに入れ歯が飛び出しそうになったよ!!

    おもしろかった。

     
  • 匿名

    あはは!
    まさかの、英語を話せない幽霊さん♪
    困ったでしょうね(笑)

    オバケ好き欧米人といえば、イギリス人が思い浮かびます…。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★