【心霊】ババア/HN:トムキャット

ババア/HN:トムキャット


例の店長は転勤しましたが、仲が良かったんで、ちょいちょい遊んでました。その時にされた話になります。

転勤先の店舗は24H営業じゃないんで、閉店後、いつも3時頃には帰宅の途についてたみたい。

ある冬の日、トラックの後ろを走っていると、歩道から、両手をブンブン振ったババアが飛び出して来た。(…この表現だけで分かるかな?)。

店長はボケーッと運転してた事もあり、「ぅおうっ!!」と、ハンドル操作だけで、そのババアを避けたそうだ。

「いやー、婆さん轢かなくて良かったっスねぇ」と合いの手を入れると

「いやいやいやいや…。ありゃー、生きてるババアじゃねぇって!」との返答。

「まず、夜中の3時に外をうろつくババアがいるか?」との言葉に

「ボケて徘徊してたとか?」と答えると

「ボケて徘徊グセがあるババアなら、家族がババアを外に出せないよーにするだろーが」と切り返される。

しかもババアは、冬の寒空の下、夏着のような薄着だったとの事。

「それに普通、車を止めたきゃ、前のトラックを止めるだろーよ?」

「んー、トラックの時は間に合わなかったから、店長の車にしたんじゃ…?」

これには的確な言葉を返された。

「そもそも何かあったのなら、走ってる車を止める前に、警察署に行くだろーが?」

…その道、確かに警察署が道沿いにあるんです。店長がババアを避けた場所の、数十メートル程先に。市の警察署(本署?)なので、建物も大きく、見逃せるはずはない…と思う。

で、結局、「車止めて確認しなかったんスか?」と尋ねると

「んなもん怖くて、バックミラーすら見れる訳ねーし!」とプチ切れ。

「んじゃぁ、婆さんが幽霊かどーか、分かんねーじゃねぇっスか?」と突っ込むと

「だってあそこ、田んぼの中に墓場があるし!ぜってーあのババアは幽霊だった!!」と言い切る始末…。

確かにその場所、田舎の方なんで、田んぼの中に墓場があるんですよ。ババアが飛び出して来た歩道側に…。

後日うちの店に、足りない物を借りに来た店長が言う事にゃ

遊んだ翌日、早めに家を出、現場に(墓場の方も)行ってみたら…、1つのお墓に、真新しい花が備えてあったらしい。

「な!?あのババアは、ぜってー幽霊だったんだってば!」

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★