【怪談】ごみの中/HN:南風親方

ごみの中/HN:南風親方

私の友人で大変モノグサでめんどうくさがりなAがいます。

Aはゴミを出すことすら面倒らしく、ゴミ袋はいつも玄関かゴミ箱付近に放置してありました。

ある日、Aはゴミ袋がカサッと動く音で目覚めました。どうやら空調で動いたらしく、明日捨てようなどと考えて眠りにつきました。

次の日、出社ギリギリまで寝ていたAはゴミを出すことを忘れて会社にいきました。

家に帰るなりゴミ袋を見てゴミを出し忘れていたことを思い出し、また明日だそうと、料理を始めたそうです。

夕食が出来上がり、食べていると、ゴミ袋が昨日より大きな音でガサッと動いたそうです。

恐る恐る袋をどかすと、そこには大量の目が…。

友人は夕食をひっくり返して逃げたそうです。

みなさんもゴミの溜めすぎには注意してくださいね…。もしかしたらそこにも…。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★