【不思議】勇者マモル/HN:ロビンM

勇者マモル/HN:ロビンM

やあ、愛犬家のロビンミッシェルだ。皆はペットを飼っているかな?

俺の家には人間でいえば百歳を軽く超える老犬がいる。今回はこのマモルについての不思議な話を幾つかさせて貰おうと思う。

それは俺がまだ幼かったとある深夜での事だ。

寝ていると母親の寝室から、微かに誰の声ともつかない苦しそうな声が聞こえてきた。

『あぁああ…あぁああ…うう…あああ…ぐぅ…あぁああ!!…』

押し殺したようなその呻き声は、幼い俺の恐怖心と共に、芽生え始めていた闘争心にも火を着けてしまった。

「か、母ちゃんの部屋だ…ど、泥棒かな?」

最強の親父は地方へ出稼ぎに行っているので留守の筈だ。俺は直感的に泥棒だと確信した。

暗闇の中、右手に武器の孫の手を握りしめて、足音を消しながらソロリソロリと寝室へ向かう。

近づくにつれ大きくなってくる恐怖心。所詮は六歳児だ。汗が滴り、体中がガタガタと震えて危うく武器を落としそうになる。

手探り状態でなんとか寝室の前までたどり着いた俺はドアにそっと耳をあててみた。

『…うぅ…あぁ… 』

やっぱりまだ聞こえる苦しそうなその声。俺の大事な母親を苦しめている憎むべき悪党… ドアノブを握りしめ覚悟を決めたその時!

『 あけちゃダメだよ…あけちゃ…見ない方がいいよ… 』

はっきりと背後から声が聞こえた。振り返ると愛犬のマモルがちょこんとお座りして俺を見つめている。

「い、今喋ったのお前か?マモル?」

しかしマモルはハッハ!ハッハ!言うだけで何も答えてくれない。気のせいか?と思った刹那、寝室の中から今までとは全く異なる絶叫が響いた。

『ぐふう!あああ!ひいい!!』

俺は考えるより先にドアを開けて部屋の中へと飛び込んでいた。

すると、ベッドの上で馬乗りになりながら母親を抑えつけている肌色の服を着た何者かの大きな後ろ姿が目に飛び込んできた!

「おい!このやろー!母ちゃんをイジメるなー!!」

俺は手に持った孫の手をペチペチとその男の背中に無我夢中で何度も打ち続けた!

「なんだよオマエきったねぇ背中してんな!おい泥棒野郎!顔見せろよ!」

ペチペチ!ペチペチ!ペチペチ!
ペチペチ!ペチペチ!ペチペチ!
ペチペチ!ペチペチ!ペチペチ!

俺は最強の親父から渾身のパンチを食らい、生まれて初めて気を失った。

翌年、我が家に元気な双子の妹達が誕生した事は言うまでもないだろう…

ここで少しマモルの紹介をしよう。

犬種はパグ、色は黒、皺くちゃな顔に潰れた鼻がなんともチャーミングで、愛嬌のある顔をしている。

息がしずらいのか年中ずっとフガフガ言っているので、マモルがどこに隠れていても直ぐに見つける事が出来る《爆》

俺が五歳の頃に、母親が貰ってきたのだが、貰ってきた先が知り合いの住職からだったらしい。犬好きの住職は七匹のパグを飼っており、新しく産まれたマモルを母親に託したのだ。

最強の親父は大の犬嫌いなので猛反対したが、犬好きの俺は大賛成でマモルを離さなかった。

しかし、マモルは不思議な奴だった。まるで人間の言葉を理解しているかの様に相槌を打ったり、今回の様に空耳かも知れんが時折喋ったりもするのだ…

犬のクセにテレビが好きで、毎日母ちゃんの膝の上でテレビを見ている。しかもニュースや教養番組などが好きなようで、俺がお笑いを見ようとチャンネルを変えると、唸りながらよく突進された。

妹達が大きくなってくると次第に俺に近寄らなくなり、影で俺の悪口を言っているようだった。というのもマモルしか見ていない筈の事を、妹達が知っている事がざらにあったからだ。

この頃から俺はマモルが『喋る犬』だと確信していた。妹達がアレだけ霊感が強いのも、もしかするとマモルが何か影響しているのかもしれない…

ある日、珍しくマモルが俺に抱っこをせがんできた。

抱き上げると俺の手をベロベロベロベロと舐めてくる。久し振りの愛撫に少し戸惑ったが、嬉しさが勝り気分は良かった。

しかしそれは何分も続き、ベロベロベロベロいつまでたっても俺から離れようとしない…憑かれたように一心不乱に俺の右手を舐め続けている。

困ってたら妹の夏美がこう言った。

「 兄貴、絶対高い所登っちゃダメだよ… 」

「 え?なんで?」

「もしかしたら近い内に手ぇ折れちゃうかも知んないからさ!」

「…だからなんでだよ?」

「 なんでって…さっきから散々マモルが警告してくれてるじゃない!右手に気をつけろ!って… 」

「 へ…?!」

廊下を見ると美菜が数珠の様な物を両手に絡めて、俺の方見ながらなんかペコペコ拝んでる。(>△<)! 「お、お前ら、ふざけんなよ! もう俺寝るからマモルどかせてくれよ!」 「 うんじゃあこれ持ってて、肌身離さずにね!」 夏美から和紙で包まれた御守りを渡された。俺が部屋を出る時も、マモルはずっとフンガ!フンガ!言ってた。 結論を言うと、その三日後に歩道橋の階段から足を滑らせ、右手を複雑骨折してしまった… そして不思議な事に財布に入れてた筈の御守りがなぜか消えてしまっていた。 「ぐ、偶然だよな…?」 俺は、病院で妹達が見せた薄ら笑いを今でも忘れられない… その日の夜、病院から帰宅し散歩に行こうとマモルを誘ったがフル無視されてしまった。 … そして、これは最近起こった事だ。 夜中尿意を覚えて一階のトイレで用を足していた刹那、マモルが普段は出さない低い唸り声をあげていた。 マモルがいるリビングの窓際まで様子を見に行くと、裏の勝手口の辺りからヒソヒソと話し声がしていた。耳をダンボーにしてよく聞いてみると、それは日本語ではなかった。 話し声、気配からして最低三人の外国人が人ん家の庭で何やら話しこんでいるようだ。 俺はそ~っと今は亡き最強の親父の部屋から日本刀を拝借してきた。本物かどうか確かめようと刃先を軽く指に当てたらスパッと切れた。 「親父…マジのやつかよ…」 すると勝手口の方から、カチャカチャとノブを回す音がした。 入ってきた瞬間ぶった斬るか、いきなり電気をつけて脅かしてやるか、どっちがいいかなー? なんて考えていると背後から… 『 斬っちゃダメだよ、斬っちゃ…何考えてんだよ? 相変わらず馬鹿だなお前は… 』 ハッとして振り返るとマモルがちょこんとお座りして、ハッハハッハ言いながら俺を見ている。 「い、今喋ったのお前か?」 しかしマモルはクイっと頭を傾げるだけで返事をしない。 「お、お前ってたまに喋るけどなんなんだよ? いったい…?」 その時、カチャンと鍵の回る音がした。表ではよく解らん早口な英語? で、テンションが上がっているのか先程より若干大きめの声がしている。 「…ふん、泥棒野郎が。ドアを開けた瞬間真っ二つにしてやんぜ!」 …しかし… いつまで待ってもドアは開かない。 「おかしいな、気づかれたか?」 そういえばさっきまでの話し声もいつの間にか無くなっている。流石の俺も若干の恐怖を覚えながら勝手口のドアをそっと開けてみた。 誰もいない… それもそうだ。よく考えてみると、そこに人がいる筈が無い。 幅1m程の通路には大きな物置と花壇が道を塞いでいる為、家の中からしか裏口へは行けない様になっている。そこに人が入り込む事は先ずあり得ないのだ。 それに気づいた瞬間、ゾクっと悪寒が走り急に身体が動かなくなった。 「…う…ぎぎ…ぎ…!」 『ヒャーハハハハ!』 突然暗闇の中に白い歯が浮かんだ。 『ヒャーハハハ!ユーサムライ?』 よくクラブで見かける様なガタイのゴツい黒人野郎が三人、俺を小馬鹿にしながら家に上がってきた。 「…や、野郎!…ぎぎ…」 俺を素通りした三人は、よく分からない会話をしながら家の中へと消えていった。 声がなくなると弾かれるように金縛りが解け、その場にへたり込んでしまった。全速力で走った後の様な疲労感があり、立ち上がる事が出来ない。 二階には母親と妹達が寝ている。 「…ち、畜生…あいつら何をする気だ…」 俺は腕の力だけで廊下をズルズルと這いずりながら暗い階段の方へと急いだ。すると、玄関の方からボソボソと話し声が聞こえてきた。 …マモルだ… この声は間違いなくさっき聞いたマモルの声だ。そして黒人達の声に混じって聞こえてくるその声は英語だった。 「あ、あいつ二カ国語いけんのか?」 ボソボソと三人と一匹の話し声が数分間続いた。 俺はその間動かない身体で必死に這いづり、やっと玄関が見える所まで移動した所で信じられない光景を目の当たりにした。 なんと、愛犬マモルが青白い光を放ちながら宙に浮かんでいたのだ。そして、まるで人間の様に身振り手振りを使いながら黒人達と意思の疎通を交わしている。 黒人達の姿は闇に溶けていたが、時折見せる白い歯がその存在を明らかなものにしていた。 「…ま、まもる!」 俺の力無い声に一斉にこちらを振り返った黒人達は、何故か急に声を荒げだした。壁をバンバン叩いたり、廊下をドンドンと踏み鳴らしたりしながら俺の方に近付いて来た! そして、俺の側まで来た奴らの一人が俺の胸ぐらを掴み、グイっと持ち上げた。 間近で見たそいつらの顔には目玉が無く、黒く粘り気のある液体がぐちゅぐちゅと流れ出ている。 小刻みに上下に動く頭を支えている首からは骨の様な白い物が飛び出しており、そこからプシュー、プシュー、と空気が漏れていた。 「く、臭っ!!」 今まで気付かなかったが、強烈な腐臭が辺りに充満していた。 …コヒュー…コヒュー… 隣りにいた奴も首が裂けておかしな位に傾いている。 そいつは俺の顔を覗き込み、手を拳銃の様に見たて俺のコメカミに突き立ててきた。 『 ユーアー…クレイジー?』 「し、死ぬ…」 『 バーーーーン!! 』 物凄い爆音が耳を劈き、俺はその短い生涯を終えた… … 「…あれ?…おれ生きてる?」 そっと目を開けると、目の前に顔がクシャッとなったブサイクな犬がお座りしていた。 黒人達の姿も異臭も消えている… なんとも言えない顔で見つめてくるマモルに痺れた右手を伸ばすと、頭の中に声が響いた。 『… 勘違いすんなよ… 夏っちゃん達の為にやったんだ… 』 俺は意識を失い、気付けばいつもと変わらない朝だった。 玄関付近で寝ていた俺に悪態をついた妹達に昨日見た出来事を話すと、ゴミを見る様な目で素無視された。 しかし俺はこの時思った。マモルはやはりただ者では無い、あいつが俺達家族を守ってくれたんだと… …マモルだけに… いつもの様にフガフガ言いながら朝飯をがっつくマモルの背中を見ながら、 『 ありがとう… 』 と心の中で呟いた事は言うまでも無いだろう。 悪魔を祓う犬種 パグ犬 マモルが生きてる限り、我が家は平和に違いない… 【了】

2014年01月22日(水) 19:56
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • やまっち妻

    「ハイジ」のヨーゼフ(セントバーナード)を思い出しました。マモル翁、小振りながら(犬種から)、実力派ですね。

     
  • 匿名

    いやぁ、ロビン・ミッシェルさん。
    投稿広場からの掲載おめで~す♪

    マモル、まさかのバイリンガル犬ww

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★