【不思議】悲しき予知夢

悲しき予知夢

高校時代、三年間同じ担任の先生でした。

新米ホヤホヤの若い女の先生。大半の生徒が彼女が好きで、私もその一人でした(余談だけど、男女共学)。

その先生が、私達が高校卒業した数年後に、ガンで亡くなりました。33歳の若さでした。お通夜と葬儀に呼ばれ参加しましたが、あまりにも悲しくて号泣しました。

その数ヶ月後、私は奇妙な夢を見ました。高校時代のクラスメイトと、田舎の列車のようなものに乗って旅行をしているのです。

とある駅に着いたとき、一番最初に学級委員をやったことのあるKが降りました。ホームには、亡くなった先生が待っていました。

続いて私が降りようとすると

「あなたはまだ来ちゃダメ」

と先生に止められ、そのまま電車に乗り続ける…という内容でした。

Kは卒業してからも仲良くしていて、男女の意識を越えた親友同士でした。へんな夢を見たせいで心配になった私は、夢の内容をKに話しました。

「あんたさ…体丈夫だから病気はないだろうけどさ、短気なんだから運転気をつけなよ」

忠告しました。

Kは日頃から短気な所があり、運転すると特にそれが出て、一緒にドライブ行くと必ずマナーの悪いドライバーに悪態をついたり、前の車のスピードが遅いと追い越したり、危険でした。

忠告受けたKは

「オレ、長生きしないかもな…」

なんて言ってたんですが、まさかそれが現実になるとは思っていませんでした。

悲劇は先生が亡くなってから2年後に起きました。

単身赴任先の某県で、通勤の為車を使っていたのですが、前の車のスピードの遅さにイラついたKは追い越し、対向車の軽トラックと正面衝突し、即死したのです!

訃報の連絡を受けた時、私はショックで頭の中が真っ白になりました。

まさか本当に正夢になるなんて…。ちゃんと警告したのに…。

さらに不思議だったのは、Kはこまめに毎年スケジュール帳に予定を書き込むのですが、亡くなった年に限って、スケジュール帳が真っ白だったのです…。

彼の性格上、自殺はありえない…。なんだか死ぬのをわかっていたのかな?とさえ、思ってしまいました。(他、絶縁に近い状態だった彼のお兄さんと突然仲直りしたりと、不可解な行動が多かったらしい)。

Kが亡くなってから私もだいぶ凹みましたが、6~7年後、私の夢の中にキレイな姿でにこやかに現れたので

「ああ…成仏したんだな…」

と、確信しました。

Kの死を予知した夢は悲しかったですが、成仏を知らせてくれたのは良かったです。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★