【心霊】その男、逃亡中につき/HN:ロビンM

その男、逃亡中につき/HN:ロビンM

やぁロビンミッシェルだ。

この話には一部不快な表現が含まれている。苦手な美女達は今すぐ逃げてくれ。…ひ…

駅前にひっそりとあるその公園は人々の憩いの場である。朝は老人、昼は主婦、夜は酔っ払いorスケベカップル達のたまり場と言ってもおかしくないだろう。

深夜、公園の敷地内に設けられた便所で小便を垂らしていた刹那、背後の個室からいきなりその愚音は鳴り響いた。

『ぶりぶり、ブウ!!びちびち… ぶりぶり、ぷぺ!!』

龍「おい!くせえぞコラ!!」

ビールと焼酎で酔っ払った龍が、個室のドアに向かって空き缶を投げつけた。

『…ぷぴ…』

肛門で返事を返してきたソイツに龍はブチ切れてしまい、ガンガンとドアを蹴り始めてしまった。

龍「さっさと出てこいよ!この糞野郎が!!」

ガンガンガンガンガンガンガンガン!!

しかし個室からの返事はない…

ロ「おい龍、もう止めとけよ!」

呑みすぎて眠たかった俺は、龍の背中を引っ張りながら帰ろうと諭した。

『ぶぅうう!!ぶぱあ゛ーーあ!!!』

有り得ない程の愚爆音がトイレ中に鳴り響いた!

龍「あ、兄貴!こ、こいつ完全に俺達をナメてますよ!!」

流石の俺もプチンとこめかみの動脈が切れてしまい、たまたまそこに落ちていたバールを使って、無理やりその個室のドアをこじ開けてやった!

すると…

そこにはまさかの制服姿の女子高生が鎮座していた。

龍「あ、あれ?ご、ごめんなさい!」

龍は顔色を変えて後退りしだした。しかし、俺は無表情でこちらを見つめる女子高生に何か違和感を感じていた…

あれ程の爆音を鳴らしておきながらパンツも下ろしていないし悪臭も全くない。第一便器の中に固形物が一つも見当たらないのはどう考えてもおかしい。

『こちらこそごめんなさい…失礼します…』

彼女は軽く頭を下げた後、俺達の間をすり抜けて便所から出て行ってしまった。

だが、すれ違う時に仄かに香った腐臭… それにスカートの下からポタポタと赤い血が垂れていた事に俺は気が付いていた。

彼女が出て行った後の床には点々と血の後が残っていた。

ロ「おい龍!見ろよこの血!あの女怪我してんじゃねぇか?」

龍「うわほんとだ!でもあの娘可愛いかったすね!デへへ!」

アホ面をかます龍とは対照的に俺は嫌な胸騒ぎがしていた。

…刹那!!

『ぶぅぶ!!ぶぶぶばぴい…ぶぴぃ!』

突然、もう一つの個室からその愚音は響いた!!

カランカランカランカランカラン…カシュカシュカシュ…ンジャパーーー!!カチャカチャ、…ンギィイイーー!!

「 ちょっと君達!さっきから一体何を騒いでいるんだね…? 落ち着いて大便もできないな。フン!」

なんと…もう一つの個室から背広姿のハゲたオヤジ野郎が強烈な悪臭と共にその姿を現したのだ。

ロ「後は任せた…」

俺は静かに黒光りした鉄のバールを龍に手渡した。

便所を出て辺りを見渡したが女の姿は無かった。いつも若者がタムロしている筈の噴水辺りにも、珍しく人っ子一人いないようだ。

ロ「おかしいな…アイツどこ行ったんかな?」

ビュオオオオ!!!

突然背後からの突風に煽られ、ヨタヨタと傍にあったベンチに座り込んでしまった。

ロ「う、うわ!!」

目の前には先ほどのJKが、前髪をダランと垂らしながら俯いて立っていた。

『痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…痛い…』

脇腹辺りを両手で抑えながらしきりに痛いと連呼するJK。ゆっくりと持ち上げた顔は青白く、心なしかブルブルと震えている。

ロ「ど、どうした?」

俺は慌てて彼女に駆けより紺色のブレザーを捲った。するとそこにはナイフが根元までグサリと突き刺さっており、カッターシャツは赤く染まっていた。

ロ「うわー!!大丈夫かお前?今救急車呼んでやるからな待ってろよ!!」

震える手で携帯を取り出した刹那、滑ってポトリと落としてしまった。なんと俺の両手も真っ赤になっていたのだ。

慌てて電話を拾おうとするが、ヌルヌルした血で滑ってしまって中々上手くいかない!

ロ「おい!お前それ、誰にヤられたんだよ!?」

するとその女は両方の口角をグイっと吊り上げ、笑っているとも、怒っているとも、泣いているともつかない何とも微妙な表情をした。

その時、突然画面が光り『女々しくて』の着信音が鳴り響いた。

ロ「うわ!だ、誰だよ!も、もしもし?」

夏美「あ、もしもし兄貴!何してんのよ!すぐそこを離れて!」

ロ「はっ?お前何言ってんだよ?こっちはそれ所じゃねんだよ!切るぞ!」

夏美「だ、ダメよ!今兄貴誰かと一緒でしょ?危ないからその人からすぐに離れて!分かった?今すぐよ!!」

ロ「こいつ一体なに言ってん…」

ガシィ!!

突然何者かに手首を強い力で掴まれた。

『…悔しい…悔しい…痛い…痛い…悔しい…悔しい…助けて…助けて…』

掠れた声でブツブツと呻き続けるJKに電話を奪われ、俺の開閉式のガラケーは彼女の手によってバキン!と真っ二つに折られてしまった。

ロ「て、てめえ何すんだよ…!」

「兄貴ーーーー!!」

その声に振り向くと、便所の方角から全速力でこっちに走って来る龍の姿が見えた。

ロ「龍どうした?!」

龍「やべえよ兄貴!あのオヤジ、絶対頭おかしいよ!!うわぁ!来た!来た!ひぇええ!!」

龍はダラダラと鼻水を垂らしながら俺の背中に隠れた。

ロ「おい龍!しっかりしろよ何があった?」

しかし龍は暗がりを指差して震えているだけで答えない…

ダダダダダダダダダ!!

見ると、先ほど便所で会った糞親父野郎が全速力でこちらに走って来ている! 手にはバールを持っているようだ。

龍「あ、兄貴!アイツめひゃめひゃ強へえんだひょ!!」

龍の顔をよく見ると、鼻が曲がって前歯が全部無くなっていた。

ダダダダダダダダダ!!

するとJKがフラリと俺の真横まで近寄って来た。

『うう…憎い…憎い…悔しい…あいつが憎い…憎い…悔しい…助けて…助けて…憎い…憎いぃ…』

その目は、今まさに基地ガイと化した糞親父を見据えていた。

ロ「憎い?お前あいつが憎いのか?」

青白い顔をしたJKはコクリと頷いた。

ダダダダダダダダダ!!

糞「おい!こらガキ共ぉ!今殺してやるからそこでジッとしてろー!ぶははははははは!!」

ロ「おい、姉ちゃん!危ないからちょっとそこ離れてろ!!」

俺はポッケから特殊警棒を取り出し、カウンターでオヤジの右膝の皿をぶち割ってやった。

糞「 うぎゃっほう!!!」

糞親父はもんどり打って倒れた。すかさずそのまま寝技に持ち込み、両肩両足の関節を外し、大腿骨、恥骨、鎖骨、そして全ての指の関節を念入りに叩き割ってやった。

糞「うぅ痛てぇ…骨が…骨が痛ええよ… 」

ロ「もう大丈夫だ。コイツは動けねえ!」

するとJKは親父の顔面を右足で踏みつけながらこう言った。

『コイツが殺したの…私の…ママも…パパも弟も…私も…!悔しい…悔しい…いいいいいいい…!』

ロ「殺した?ど、どういう事だよそれ? …お前ってもしかしてもう死んでんのか? 嘘だろおい… 」

ビュオオオオオ!!

すると本日二度目の激しい突風が吹きすさび、バサァ!と龍の顔に一枚の新聞紙が張り付いた。

龍「あ、兄貴!この記事…!」

龍から新聞を奪いとり、二面の見出しを見て俺は愕然とした。

【恨みの犯行か?無残一家惨殺、容疑者未だ逮捕されずに逃亡中!】

被害者の写真は紛れもなく、今ここにいるJK本人だった。

ロ「お、お前これ…」

彼女はコクンと頷いた後、表情は穏やかな笑顔へと変わった。

『 …ありがとう… 』

俺は見間違いかと思い、目をゴシゴシと擦ってみた。しかし幻覚ではなかった…

彼女の肩を抱く中年男性と中年女性、年端もいかない野球帽を被った少年… 四人共とても満たされた様な笑顔で、俺を真っ直ぐに見つめていた…

『ぷぴ…』

その愚音が感動的で神聖な静寂を切り裂いた。

糞「てめえら…許さん!こ、殺してやる…殺してやるぞ…!」

糞親父が肛門で最後の悪足掻きを見せた。

俺は躊躇無くトドメを刺した…

そして赤いサイレンと共に夏美達が現れた時には、もうその家族の姿は消えていた…

【了】

2014年01月28日(火) 00:00
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★