【怪談】双眼鏡越しの戦慄

双眼鏡越しの戦慄

893 本当にあった怖い名無し 2012/08/13(月) 07:14:05.31 ID:K0dc6ImB0

Aさんはバードウォッチングが趣味で、その日も車で近くの山へ出向いていた。

早朝の森で鳥を観察していると、一瞬、双眼鏡越しに何か見慣れないものが見えた。

肉眼でそのあたりを見るが、距離のせいか特に何も見つからない。もう一度双眼鏡を覗いたAさんは戦慄した。

苔の塊に人間の脚が生えた得体の知れないものが、不器用そうに歩く姿がレンズ越しに見えた。

苔の塊は頭部と腕を削ぎ落とした上半身の形、脚は蒼白く、泥で汚れていた。

震えながらも見入ってしまっていたAさんだったが、あることに気付き急いで逃げだし、それ以来その山には行かなくなった。

その得体の知れない何かは、ゆっくりと覚束ない足取りではあったが、間違いなくAさんを目指していたという。

出典:http://toro.2ch.net/occult/

 
  • やまっち妻

    の一編、「邪悪な視線」を思い出しました。て、ことは毛羽毛現あちこちの山にいるのか。やだなあ。

     
  • 匿名

    ありがとうございました。

     
  • ドクロン

    それですね。羽を入れ忘れてました。
    毛羽毛現です。

    精霊とか妖怪っぽいですね。

     
  • 匿名

    あっ、↓のものです。
    ググったら、「毛羽毛現(けうけげん)」っちゅうもんが出てきました。

     
  • 匿名

    ↓なんて読むんですか?

     
  • ドクロン

    毛毛現かもしれませんね。

     
  • 匿名

    投稿者さんの名前はありませんが、作品の傾向と文体から、てっきりドクロンさんかと思ってました。

     
  • ドクロン

    面白い。幽霊っぽくないところがgoo♪

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★