【不思議】失われた記憶/HN:ロビンM

失われた記憶/HN:ロビンM

夢を見た。

青いブランコの脚元にちょこんと献花が添えてある夢…

そして朝目覚めると忘れていた昔の記憶が次々と鮮明に蘇ってきたんだ。俺はその青いブランコに見憶えがあった。

それはおそらく小学生の低学年ぐらいの記憶だろう。舞台は当時住んでいた団地の裏の公園。砂場と鉄棒とブランコしかない小さな公園だ。

学校帰り俺達はいつも三人で遊んでいた。聖子ちゃんと◯君、とても仲が良かった筈なのに、顔もその日着ていた服も思い出せたのに、何故か彼の名前だけがどうしても思い出せない。

その時俺と◯君は砂場で遊んでいた。そして聖子ちゃんはこちらを向いて一人でブランコに立ち漕ぎして乗っていた。聖子ちゃんはとても楽しそうな笑顔をこちらに向けている。

すると◯君がこんな事を言った。

「ねぇねぇロビンくん!僕すごい事出来るねんで!ちょっとそこで見ててな!」

そう言うとブンブンと勢いをつけてブランコを漕ぐ聖子ちゃんの方へとスタスタ近付いて行った。

ブランコの横まで来ると、◯君はうつ伏せになり、ほふく前進のような格好でジリジリと聖子ちゃんの方へと近づいて行った。

どうやら◯君は聖子ちゃんの下をくぐり抜けようとしているらしい。ブランコと言っても確か子供用で、踏板と地面とはそれ程距離が無かったように思う。

「ちょっと◯君いい加減にしいやー!危ないやんかー!こっち来んといてよー!」

と、聖子ちゃんが叫ぶ。しかしかなりの勢いがついてしまっている為、直ぐにはスピードを落とせないでいるようだ。

俺は子供心にハラハラしながら

「◯君すげーなー!俺には無理やなー」

などと考えていた。

聖子ちゃんが止めるのも聞かず、タイミングを見計らって聖子ちゃんの下を這って通り過ぎようとチャンスを窺っている◯君…

そして聖子ちゃんが頭の上を通り過ぎた瞬間、ササッと◯君はスピードを上げた。

しかし…なぜか◯君はびびってしまったのかどうかは分からないが、丁度真下の聖子ちゃんが通り過ぎる一番危ない所でピタリと止まってしまった。

聖子ちゃんはブランコを止めようと必死で体をぐねらせている。すると何を思ったのか、◯君は頭をグイっと持ち上げて俺の方を見た。

「危ない!!!」

ゴツン!!!

鈍い音が俺の所まで聞こえてきた。

ゴツン!!!

再び戻ってきた聖子ちゃんの踏む木の硬い板が、◯君の後頭部に直撃した。

「◯君あたま下げてよー!!」

聖子ちゃんは泣きながら叫んでいたようだが、何故か頭を下げようとはしない。相当な衝撃を受けている筈なのに全然頭を下げる様子もなく、未だ◯君は無表情のまま俺の方を見つめている。

ゴツン!!!

少しブランコの勢いは落ちたが、三度目の鈍い音が響いた。

その瞬間、◯君の頭からは太く真っ赤な血の筋が一本、額、鼻、顎へとゆっくり伝っていった。色白の◯君の顔を、ドクドクと赤い血が埋めていく。

俺は初めて見た目の前で起こっている衝撃シーンに微動だに出来ず、声も出せずにいた。これは今思えば相当なトラウマになる筈の出来事だが、何故今まで一度も思い出す事もなく忘れてしまっていたのだろうか?

そしてその後もゴンゴンと二回程あたまを打ちつけた後、ようやくブランコは止まった。

彼は頭を打ちつけられている間中、顔中血まみれにしながらも一度も頭を下げずに俺を見続けていた。俺は何故頭を下げないのかが理解できず、無表情でこちらを見つめる◯君がとても恐ろしくて怖かった。

ブランコから飛びおり、泣きながら去っていく聖子ちゃんの後ろ姿…

思い出した記憶はここまでである。

俺は実家の母親に連絡を取ってその事を覚えていないか聞いてみた。しかし母親はそんな話聞いた事がないと言う。

あれだけの大怪我だからその後救急車も来ただろうし、学校でも騒ぎになった筈だ。しかし小学校からの幼なじみ数人に聞いてみても返ってくる答えはみな同じだった。

肝心の聖子ちゃんはと言うと、小学校卒業と同時にどこかへと転校して行ってしまったのでもう聞く術はない…

俺はどうしても気になったので、休日にその公園へと訪れてみた。もう二十年ぶりぐらいだろうか、無くなっているのでは?と思っていた青いブランコはまだそこにあった。

懐かしさに浸りながらも俺はそのブランコに腰を下ろした。

「 もしかしたら俺の記憶違いかもしれないな。名前も思い出せないというのもおかしいし…昔の事だから夢と現実がごっちゃになってるんかな? 」

俺はため息をついて立ち上がり、砂場の方へと歩きだした。勢いよく立ち上がったせいか、すぐ後ろでキィキィとブランコの揺れる音が聞こえている。

そこで違和感を感じた。誰かがブランコの鎖を掴んだような気がしたのだ。

『 ねぇ… 』

『 なんであの時… 』

『僕を置いて帰っちゃったの…?』

俺はその時全てを思い出していた…

しかし俺は一度も後ろを振り返る事なくその場を後にした。

翌週、俺は献花を片手に再び青いブランコの前に立っていた。

手を合わせて詫びを入れた後、背を向けた俺の背後から再び、

『 キィッ… 』

とブランコの軋む音が聴こえたような気がした。

【了】

2014年02月04日(火) 22:13
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。

    やまっち妻氏、二、三十年前とはなんとも大雑把だな…ひ…

    どうやら地元も年齢も俺と近いようだ。
    少し親近感をおぼえてしまったよ。

    はらえたなえきよめたまえ…ひひ…

     
  • やまっち妻

    のだと思います。ロビンさんが大人でも、○君は子供のままだから、手に入れたい物には貪欲、玩具・服…それに友達。私も、2、3十年前は子供だったから分かります。十分な供養はなさいました。以後、近付かない方が。はらえたまえきよめたまえ

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★