【心温まる霊】いろんな人が守ってくれてる

いろんな人が守ってくれてる

78 1/2 sage 2007/02/17(土) 14:26:03 ID:lFs+rTtk0

高校生の頃、山を切り開いた新興住宅地に引越しした。引越しは私たち家族が一番だった。

山の麓に先にできた住宅地から新しい家までは歩いて2分くらいで着くんだけど、そこまでは私たち家族以外はまだ誰も通らなくてなんか寂しい感じだった。

両親は遅くまで仕事をしていて、ちょうど冬に向かっていて日が暮れるのも早くて、薄暗い日はひとりでその道を帰るのがちょっと怖かったりした。

バス通学だったんだけど、引越しして数日したある日、バス停についたら猫がいた。そのまま私と一緒に歩いてくるので、たまたま猫のお散歩コースと一緒になったのかな?と思ってたら次の日もいた。

一緒に歩くんだけど、私の家が見えてくると猫は立ち止まってしまう。私が家に着いて玄関の鍵を開けて振り返ると猫はいつも私を見ていて、私と目があうとそのままゆっくりと来た道を戻っていく。

ある日歩いていたら、急にカラスが飛んできて前方に降りた。その時に猫は素早くカラスと私の間に入って、カラスに向かって威嚇するように鳴いた。カラスから私を守ってくれてるつもりなのかな、とその猫の姿がほほえましかった。

引越しして三ヶ月くらいして新しい住宅も建ち、街灯も整備されて、バスで仕事から帰ってくる近所の女性と帰りが一緒になったりする頃、猫はいなくなっていた。

高校三年の時に祖父が亡くなり、その時に祖父の育ての親に当たる人の写真を初めて見たけど(複雑な家庭の事情があり、写真は親族がそっと隠し持つようにして持っていたので、それまで私はその人の写真を見ることがなかった)

白髪に白い髭を長く伸ばしてほわーんとした顔で笑っているその人の顔を見て、瞬間的にいつも歩いていた猫を思い出した。

先に出来た住宅地の猫だと思っていたけど、バスで帰る時間がいつも違うのにいつもバス停にいたり、考えたら不思議なこともあったな、と思いながらその日は祖父の家に泊まった。

その夜夢を見た。その白髪に白い髭の人が現れて

「○子は女の子だけど○○(祖父の名)に一番良く似てる、大きくなったなぁ」と笑って言った。

目が覚めて、祖父が「○子は女の子だけど孫たちの中で俺に一番良く似てるなー」と会うたびに嬉しそうに言っていたことを思い出した。

なんだかいろんなところでいろんな人が守ってくれてるのかも、と思う。

出典:http://toro.2ch.net/occult/

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★