【心霊】霧が人の形になる

霧が人の形になる


毎回このサイトを愛読させていただいてる者です。今回初めて投稿します。

以前金縛りにあったとき見たような気もするのですが夢のような感覚だったので、私は見えない人間だと思っています。このような話は大好きで、霊の存在を信じています。

今回紹介させてもらうのは信じるきっかけとなった私の父親の体験です。

これはK県のF沢市の学校での出来事です。父親が高校生の頃の話なので30年くらい前です。

珠算部だった父は学園祭の準備で夜遅くまで友達と残っていたそうです。次の日が本番だったのと他学生もいなく時間も遅いのでなんとか準備を終わらせ帰ることにしました。

父が自分と友達の荷物を教室に取りに行きました。各教室は廊下を挟んで向かい合わせになっていて廊下側はガラス張り、自分たちの教室は廊下の一番奥だったそうです。

教室に向かう途中、ある違う教室に違和感を覚えました。教室の中が霧がかり光っていたらしく、父はドアの隅からしばらく中を見ていたそうです。

しばらく見ていると、その霧がだんだんと人の形になっていきました(私に話してくれたとき、このあたりで父親の腕はハンパない鳥肌でした。笑)。

そして、ついに完璧な人の形になり学生姿で、ある机を見るように佇んでいたそうです。

父は怖くなり友達を呼びに行きました。友達が来たときもまだそれはいたようです。

父「お前も見えるか?」

友「うん…これはさすがにやべぇよ!」

友達にもはっきりと見えたようで、回り道して荷物を取り急いで学校を出ました。

校門から学校を見たとき、自分たちの階の廊下を白い影のようなものが移動していたそうです。

翌日、例の教室にいる友人に昨日あったことを話したところ、よくある話ですが、夕べその席の子は○田急線で飛び込み自殺をしたそうです。

何が原因だったのかはわかりません。

この話を聞いたときの父親の鳥肌と怖がり方、そして霧が人の形になるという点に信憑性があったので、霊はいるのだと思いました。

父親がはっきりとした霊を見たのはそれだけだそうですが、私の周りでもいくつか不思議な話は聞いていますので、機会があればまた投稿させてもらいます。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★