【笑える霊】赤ワンピの女/HN:ロビンM

赤ワンピの女/HN:ロビンM

『 あ!やっぱ今日もいるよあの女!

アイツはいつも下校中の小学生の列をジロジロと眺めてやがんだ…

朝は余り見かけないんだけど、夕方のこの時間になると必ずこの交差点に突っ立って目をギョロギョロさせながら食ってやろうか?って面して小学生達を物色してやがる。

最初は自分の子供でも探してんかな?って思ったけど違う… 辺りが暗くなって子供の姿がなくなるといつの間にかアイツもフッと消えちまうんだ。毎日毎日な!

兎に角ソイツはホントに変わってやがる。いつも赤っぽいワンピース着てて、手と足が異様に長ぇんだ。飯食ってますか~?ってぐらいガリガリだし、正直ブス! いま冬だっつーのに季節感のない服装しやがって…間違いない!アイツは異常者だ!

でもアイツはどうやら猫が苦手みたいで、猫が来ると慌てて隠れやんの!…ひひ… 変な奴だよ全く!

俺は家族の付き添いがないと表を歩けないし、もういい年だ。生まれつき口も聞けないし学校にも通った事がねーから字も書けねー。だけど目だけはまだまだ自信があるんだ。俺の目の黒い内は子供達には手を出させねぇぞ!ふん!

しかし不思議な事にこのロビン…この馬鹿にはこの女が見えてねぇみたいなんだ。いやコイツだけじゃねぇ、他の奴らだってそうだよ。こんだけ気持ち悪い女がつっ立ってんのに誰も見向きもしねぇ!

一度すれ違い様にガンつけてやったらムチャクチャ迷惑そうな顔しやがって!向こう行けシッシッ!ってしやがったんだ!クソ!腹立つ!

あ、因みにそん時気づいたんだけどよく見たら赤いワンピースじゃなかったんだ。後ろから見たら白いワンピだった。赤いのは全部アイツが吐き出した血だったよ。首元から足まで真っ赤っか…あいつどっか悪いんかな?

まぁそんな事はこの際どうだっていい!あいつが不審者には変わりねえんだしな! しょうがねぇからロビンの服引っ張ってみたんだけど、これまた迷惑そうな顔しやがんだよ。

いいよ!いいよ!もう知らねー! 事件が起きたって俺知らねーからな!!

んっ、段々暗くなってきたな…アイツは? あっ!もう消えてるよ! なんなんだよアイツは、ほんと気持ちの悪い女だな!

俺は子供が大好きだし子供達も俺の事が多分好きだ。いつも俺を見つけると集まってきてくれて、学校の話なんかを無邪気な笑顔で聞かせてくれる。

うん、ヤッパリあいつらは俺が守ってやらなきゃ駄目だな! …マモルだけに…フガ…

よし、あの女明日も立っていやがったら足に噛みついて小便でも引っ掛けてやるか? …ひひ…フガ…

あっ、そろそろ帰って飯の時間だ!

今日は俺の大好物のキャベツの芯とササミ、餌に混ぜてくれてっかな~♪ …フガ… 』

【了】

2014年02月08日(土) 07:09
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。
    (*^^*)氏、確かに俺はマモルを愛してるいるがどうやら俺の一方的な愛情のようだ…ぐ…

    やまっち妻氏、動物は人間が思っているよりも意外に色々と考えていると俺は感じている。話せない分感性も鋭いし、マモルに限っては記憶力が半端ない。
    産まれて間もない頃にしか知らない筈の住職の元に行こうとしたり、夏実が帰ってくる十分前からソワソワしだして鼻を…フガフガ…鳴らしだしたりする。
    食いしん坊なマモルが珍しく朝飯を食わなかった日には親父が現場で指を飛ばした。

    動物には俺達がしりえない◯感が備わっているのかも知れないな…ひひ…
    聞いた話だが、犬や猫の頭に自分の頭を押し付けて何かを想うと考えが通じるらしいぞ。

    まあ俺は信用してないがな…ひ…

     
  • 匿名

    やまっち妻さん、愛されることとご飯しか考えていないのはうちの実家の猫と一緒です^_^;

    亡くなった愛犬は♀で甘えたで妹みたいでした。ワガママだったけどいい女でした^_^;

     
  • やまっち妻

    愛されることと飯の事しか考えていませんでしたね。でも、私が寝ていて金縛りに遇った時、部屋に来て「ふがうがー!!」と、変な声で啼いて、それが解けたことは二度あります。…家族の一員、ずっと覚えています。

     
  • 匿名

    何度読んでも笑えます♪
    ロビンさんはマモルくんが大好きなんですね☆
    ロビンさんのマモルくんへの愛情が伝わってくる作品だなぁ(*^^*)

    ↓やまっち妻さんの小太郎くんの心の声も聞きたいですね☆

     
  • やまっち妻

    ふふふ、実家の今は亡き猫・小太郎もそんなこと考えてたのかしら。生前よく近くの小学校に出没してはクラスや体育の運動場で「こたやー!」と親しまれていたそうです。近所の小さくて無邪気で気の良いスピッツとよく一緒に喧嘩(しかも、こたが売る)と昼寝してました。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★