【怖い話】変質者/HN:茜

変質者/HN:茜

気持ち悪かった話。

高校生のころ、通学で使う駅に変質者が出た事がある。

うちは田舎なので、駅って言っても無人なのね。二時間に一本とか、三時間に一本とかの電車がくる時以外はマジで誰もいない。そんな駅に、変質者。

話題の少ない田舎では、すぐ噂が広まった。でも、実際に変質者なんて見たことなかったから、危機意識とかあんまりなくて、普通に使ってた。

そんなある日。私は学校を早退して、一本早い電車で帰宅してた。一本早いと、学生がいないからか、電車貸し切り状態。社会人はみんな車移動だから、こんなことも珍しくはなくて。

まあ何にも考えずに乗ってたんだけど、少し違和感を感じて、顔をあげると。少し離れた所に、二十代くらいの男の人が立って、こっち見てた。

ガン見。しかもなんか、身だしなみが汚い感じで、目付きが異様だった。なんでかな…瞬きしないの。

で、うわっと思って、目を反らしたんだけど、なんか近づいてくるのね。じわじわ。しかも唾を床に垂らしながら。意味の聞き取れない言葉を呟きつつ。

もう、えっ?!えっ?! って感じ。

すぐ逃げたけど、二両しかないし、また近くによってこられて、本当にどうなっちゃうの?!って時に駅に着いたからダッシュで外に逃げた。

そしたら、後ろから、『ばあおぼえあああああ』みたいな意味不明の雄叫びが聞こえた。振り返る余裕なし。

でも転んだ。なんかに足を引っ張られた感じで。ぱっと見た足首の辺りになんか影みたいモノが一瞬ぞぞぞって動いた気がした。

なんか後ろの方で、数人が揉み合うような声がして、振り返ると、あの気持ち悪い人が車掌さんらに押さえつけられてた。なんかしたのかもしれない。そこんとこは、わかんないけど。

見ちゃった。男の人の首のあたりに、巻き付くように蠢く黒く長い影みたいなのと、肩口からこっちを見てた顔。

もう、うひゃうって感じで、転がるように逃げた。自転車の鍵あけらんないくらい動揺しまくってた。

それからなんかあったとかはない。でも、変質者がでたとか、そういうのは本当に気を付けるようになった。

2014年02月11日(火) 10:31
茜 ◆zdITjaKQ
投稿広場より掲載

 
  • 匿名

    変質者って、何か低級な霊憑いてる事多いらしいよ…。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★