【不思議】不思議な指輪/HN:キッシー

不思議な指輪/HN:キッシー

指輪に関する不思議体験。

指輪物語をご存知だろうか? ロード・オブ・ザ・リングという映画タイトルのほうが、ピンとくるかも知れないが、力の指輪を巡り展開されていくファンタジー作品だ。

この作品はフィクションだが、指輪に不思議な力が宿るというのは、本当だと思う。

今から2ヶ月くらい前だろうか、リサイクルショップで見かけた、ショーケースの中のシルバーリングがとても気になり、見入ってしまった。

店の人に出してもらい、手にとって見せてもらうと、指にピッタリはまったのは、右手の薬指だった。

平打のシンプルなデザインがとても気に入ったので、買おうと思ったが、指輪などのアクセサリーは、基本的にしないタイプの人間なので、欲しいが買うのを止めて店を出た。

その日を堺に、日々あの指輪のことが気になって仕方がなかった。

あまりにも、日々悶々としていた為に、ついにある日指輪を買いに、今度は車でリサイクルショップに行き、まだあの指輪が残っているのか見に行った。

その指輪は残っていた。しかも20%引きの値札がついており、ラッキーとばかりに、今度は即購入してしまった。

購入した後は、車の中で早速指輪を、右手の薬指にはめてみた。なかなか良い感じで、指輪は指にフィットした。

しばらく上機嫌で指輪に見とれてから、この後暇だから、古本屋でも行こうかと思い、出発しようと車のエンジンキーを回した。何故か、エンジンがかからない……。

まだ新車なのに、エンジントラブル?日本車もダメだなぁ~と独り言を呟いた後、何度か試してやっとエンジンがかかった。

車は走行こそしたが、今度は窓が勝手に開いたり、閉じたりして調子が悪い、おかげで寒かった。

そんな調子だが、やがて古本屋に着いたので、車の調子が悪いのは気になるが、とりあえず本屋の中に入って欲しい本を探そうと、車外に出た。

しばらく本屋の中をブラブラしてから、やがて目当ての本が本棚の上段に有ることを見つけたので、それを取ろうと手を伸ばした時だった。

目当ての本が、本棚からズズズと勝手に出てきた。

は?向こう側の人が押し出してるのか、そう思った次の瞬間だった。ボンと、その本が僕の顔に向かって噴き出した。

本が顔に当たる前に両手でその本を受け止めたが、危うく当たる所だった。

本棚の裏に回った。誰もいない! ?の状態で、なんか買う気分じゃなくなったから、その本を本棚に戻した。そして気が付いた。

完全に本棚は、後ろの本棚と区切られていた。つまり後ろの本棚から押し出す事は不可能だった。

この指輪を購入してから、現在もちょくちょく不思議な事が起こる。

昨日は、蛍光灯の電気を消したいが、眠くてめんどくさいな~と思ったら、パチンと蛍光灯の電気が勝手に切れた。

不思議な指輪に興味が沸き、ネットで調べた。

古代ローマ人は戦争に行く夫に、妻が自分の指輪を渡す習慣があった。

渡す理由は、強い想いを込めた指輪は、特別な力を宿して持ち主を護るという、民間伝承の「戦いの護符」を信じた為らしい。夫が無事に、戻って来るようにと渡したのだ。

僕の指輪はリサイクル品だ。ひょっとしたら、前の持ち主が、なにか特別な想いを指輪に込めていたのだろうか? その想いが強すぎた為に、なにか力を持ってしまった?

僕の指輪は、サウロンの指輪と違って、姿を消したりする力はない。でも、なにか不思議な力がある。

別に悪い事は起こらないので、仕事以外の時はいつも指輪をはめている。なにかもっと、この指輪が不思議な事起こさないかな~と期待する日々。

なので、この指輪が凄い力を発揮する事があれば、報告の意味でまた投稿するつもりだ。

オチのない話しですが、現在も継続中の、僕の指輪の体験話しを終わります。

 
  • 紫姫

    私も 不思議な[s:18260]欲しいと思いました おそらく[s:18260]が、人を選ぶなんて とても不思議[s:18241]

     
  • 匿名

    指輪に主人として認められたんだね

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★