【不思議】訪ねてくるご近所さん

訪ねてくるご近所さん


一月末に、ダンナのおばあちゃんが肺炎で入院した。

もう90歳すぎてたし、今年の冬は寒かったからむりもないと思ったんだけど、ちょっとだけ不思議なエピソードがあったんで、ここに投稿します。

私自身、いつもダンナのおばあちゃんに優しくされていたから大好きで、遊びに行く度に手作りのお菓子やおかずを持って行ったり、デパ地下の美味しいスイーツを持って行ったりしてた。

そんなおばあちゃんが肺炎で入院、もう長くないと聞かされていた私は、時間が許す限り入院先の病院へと足を運んだ。

そのおばあちゃんが、言動がおかしいという。入院したせいで弱ってしまったのか、だいぶモウロクし、ワケわからないことばかり言う。

例えば、真夜中に看護師さんがやって来て、ずっとおしゃべりしてうるさくて寝られないとか…実際に、ありえないことばかり言うから、とうとうボケたのかなと、覚悟したんだ。

ところがある日。私が夕方近くにお見舞いに行くと、おばあちゃんがギョッとするようなことを言う。

「いや~さぁ~、お向かいの○○さん、空襲で焼けて死んだと思ってたら、生きて戻って来て、傷だらけだったんだよ~」

このセリフに私はビックリ仰天し、文字通り飛び上がった。

おばあちゃんが昔から住んでいた地域は空襲でひどくやられ、被害がたくさん出たと言う。だから私、てっきりお迎えが来たのかと思って、慌ててお姑さんを呼び出したんだ。

事情を話すもお姑さんは至って冷静で、

「これが現実だから」

その前にお姑さんには、

「何軒隣の△△さん(数年前に他界)が、遊びに来た」

と、言っていたそうで…。するとその話が聞こえたおばあちゃん今度は、

「そうなんだよ~、△△さん、ウチへ遊びに来たいけど、いいかい?って言うもんだから、おばあちゃん断ったよ~、遊び来られても困るってねぇ…」

かなり度肝抜かれるような話ではありましたが、だいぶ昔に亡くなった方が遊びに来るのを断ったと聞いて、少しだけホッとしました。

でも、しばらくは亡くなったはずの人が遊びに来る…みたいに言ってて、油断できませんでした。(おばあちゃんの中で、彼らが亡くなっている事実を忘れているっぽかった)。

なので、私はおばあちゃんと約束、

「退院したら、おいしいもの食べに行こうよ!(だから他の人と遊んじゃヤダよ、といったニュアンス)」

と…。

その後おばあちゃんは、緩やかに回復して退院し、帰宅した後も油断できなかったんですが、最近では意識はモウロクしておらず、入院前みたいに普通に話せるようになりました。

今回私は亡くなったご近所の方々の訪問話を聞いてだいぶビビりましたが、お姑さんいわく、

「これが先に亡くなったおじいちゃんじゃなかったから、まだ大丈夫だった」

と…。

今度おばあちゃんが倒れたりして、おじいちゃんが出てきたら、呼び戻せるのかなぁ…?

いずれにせよ、人の寿命って決まっているから、あんまり逆らえないんだけど、生きてるうちにおばあちゃんにもっと孝行しようと、決心しました。

 
  • 匿名

    『十一番目のペルソナ』という小説で、阪神淡路大震災で被災された老人が
    太平洋戦争の空襲で逃げ惑った時の記憶がフラッシュバックしてパニックを起こすエピソードがありました。
    お祖母ちゃんも、きっと亡くなったご近所さんの事を、無意識に心の隅に抱えて生きて来られたんでしょうね。お孫さんの奥様にこんなに想われて、幸せな方だな…と思いました。

    作者の方にしてみたら、作品の感想では無い事でばかりコメントされたら、残念に思って当たり前ですよ。

     
  • 匿名

    やまっち妻さんのおっしゃるソナチネお婆ちゃん、面白いw

    退屈しないで済みますね♪

     
  • 匿名

    やまっち妻さん、ジル婆さんが言ったのは、高橋大輔選手が今話題の大嘘つき作曲家佐村河内が作曲した(とされていた)楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」で演技したことと、「ソチ五輪」を掛け合わせて「ソナチネ五輪」と言ったのだと思われ、なかなかジョークのセンスのあるお婆ちゃまだと感心しました。

    あと、浅田真央選手は演技の中にジルバのステップを取り入れていませんでしたっけ?違ったらすみません。

     
  • 匿名

    下のものです。
    失礼しました。

    ジル婆さん……優しく受け答えしてあげてくださいね。お年寄りは、他人と関わることで、まだ自分は社会の一員なんだ、と確認でき、生きる喜びに繋がるのです。

     
  • やまっち妻

    不満タラタラというわけまでは。いま、二、三日の検査入院中ですが、隣のベッドのおばあさんが、カーテン越しによく、話しかけてきます。「わたし、ジルバ名人やってん、若い頃」。昨日なんて「ソナチネ五輪見た?まおちゃんのジルバの素晴らしかったこと」…そなちね?それに真央ちゃんジルバ滑ってたっけ。でも、そのジル婆さんは、戦時中のことや、料理のことなど、話題が豊富で、多少「あれ?」と思うことがあっても素敵です。好きになれる人と、残念な人の違いは、どうしてもあります。

     
  • 匿名

    投稿者さんが優しい方でホッとしました。
    以前、病院で五月蝿い患者がいて眠れなかった…と不平不満たらたらな投稿作品があったので、読んでいて少し不安になってきましたが、投稿者さんの優しさに癒されました。

     
  • 匿名

    ご近所さんと仲良かったんだねおばあちゃん
    無害そうだしちょっと遊びに来てほしい気もする

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★