【怪談】廃病院/HN:ポンサクレック

廃病院/HN:ポンサクレック

実際に僕の兄貴が体験した話です。

数年前の夏に、北海道某所の有名な心霊スポットである病院に肝試しに行ったそうです。A、Bの男友達とC、D、Eの女友達の六人で。

そこでよくある話ですが、

一人が病院の最上階まで行って手を振って帰ってくる。みんながすごいと言うけど、実際は中に入った人は怖くて最上階まで行っておらず、じゃあ最上階にいた奴は誰やねん?

っていう話を聞いた事があると思います。ベタですが、それをやろうという話になったらしいです。

そこで女の子がいるというのもあって、Aが勇気があるのを示そうと「じゃあ、俺が行ってくる」と言いました。そして、ただ行くだけじゃつまらないので各階の窓から顔出して手を振って上がっていくということになりました。

そして、意気揚々と中に一人で入ってくA。間もなく、Aが二階の窓から顔を出して手を降る。

「やっぱり怖いけど行けるわ~」

っていう調子で顔を引っ込めて数分後、三階の窓からAが顔を出して手を降る。そのとき、下にいた他のみんなは「あれ?」っと違和感を感じました。

良く見ると三階から手を降るAとは別に、九階から何かがこちらに向かって手を振っていたそうです。

Aが顔を引っ込めると、九階にいた何かも顔を引っ込めます。そしてAが四階の窓から顔を出して手を降ると、今度は八階から何かが手を降っていたそうです。

下にいたみんなは、さすがにヤバイと思ってAに向かって

「おい、降りてこい!」
「何かヤバイ奴いるぞ!」
「もういいから、早く降りてきなよ!」

等と叫びますが、Aは気にも留めず

「大丈夫だって!すぐ最上階に行くから」

と聞く耳を持ちません。

四階のAが顔を引っ込めると八階の何かも顔を引っ込めます。そして、五階からAが顔を出して手を降ると今度は七階の窓から何かが顔を出して手を降ります。

段々と上から近づいてくる何かにAは全く気付きません。

「おい、マジで降りてこい!」
「そのまま登ったらヤバイって!」
「お願いだから、降りてきて!」

僕の兄貴やみんなが必死にAを説得します。みんなの様子を見てさすがのAも渋々納得して、顔を引っ込めました。

もし、Aが六階に登ったら…

みんなが不安な気持ちでいたら、Aが帰ってきました。

「お前ら、どうしたの?せっかく最上階まで…」

Aの言うことも聞かず、乗ってきた車にAを押し込んでその場から離れました。

そして、しばらく車を走らせてファミレスで少し休もうと車を停めました。

Aが「おい、何かあったの?」と聞いてみんなは、一部始終Aに話しました。

「マジか…それはヤバかったな」

何はともあれ無事に戻って来れたので、ファミレスに入って何か食べようとなりました。テーブルを囲んで座るとBが言います。

「あれ?5人しかいない」

人数を数えると男が3人、女が2人…女が1人足りません。

「Eがいない…」

Eを病院に残してしまったと思って、みんなパニックになります。しかし、

「そういえばさ、Eってどんな子だっけ?」

…その場にいた5人全員が、何故かEのことを思い出せないのです。Eの顔も、服装も、身長も、声も。

そのとき、Aの携帯電話にメールが来ました。普通は送り主のメアドが書いてるのですが、送り主は「不明」と書いてありました。

メールを開くと、Eの名前が本文に書いてあり、画像が添付されていました。画像を開くと、肝試しに行った廃病院が写っていました。

そして画像のあとに一言、こう書いてあったそうです。

「もう少しだったのに」

Aはすぐに携帯電話を解約しました。

兄貴を含め全員が、未だにEがどんな人だったのか思い出せないそうです。

お粗末様でした。

 
  • 紫姫

    ショッカーの一員か[s:20310] あの建物は、秘密基地ナリ[s:18270]

     
    • 匿名

      意味不明↑

       
  • 匿名

    こういう話はハラハラして本当に怖いです。
    Eさんはナニモノなんでしょうか…気になる。

     
  • かぼちゃぼうとう

    潜入捜査官

     
  • 味噌煮込みうどん

    Eは何故5人の中に潜りこんだんだろう?何故率先して引っ張っていかなかったんだろう。

     
  • 匿名

    犯人はEさんかな

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★