【心温まる霊】色んな人に守られてる/HN:とし

色んな人に守られてる/HN:とし

ある日死のうと思った。娘が事故で死に精神的に嫁も自分も参ってしまい、自分は情けない事に仕事もやめてしまい嫁とも離婚した。男として旦那として弱いと思う。

それから1年以上仕事もせずに貯金を崩しながら生活した。立ち直らないといけないと友達に旅行に連れていかれたりもした。でも立ち直れなかった。

一人暮らしになったので毎日のように友達が様子を見にきてくれた。そして貯金もなくなり借金もしていた。もう死んだ方がましだと思い家の家具や車も処分し準備を進めていた。遺書も書いた。

明日死のうと決めた夜、夢に一昨年に癌で死んだ親父がでてきた。なぜか川で一緒に釣りをしていた。親父とたわいない話をしていたら急に真剣な顔になり

『わしが死ぬ前お前にはおかんを守れゆうたんじゃけどのぅ。お前はわしとの約束やぶる気なんじゃのう』と言われ、悲しそうな顔をしてどこかへ行ってしまった。

そして起きて、親父ごめん。そっち行ったら土下座で謝るからと思いながら、首吊り用の縄を段取りした。

最後に風呂に浸かりたいなと思い、風呂へ入っていたら10年前に死んだ母方の祖母が浴槽の外に立っていた。

自分は幻覚だと思いあぁいよいよ頭おかしくなったんかなと思った。でなかったら幽霊だが祖母なので怖くはない。幻覚だろうが死を決意した人間にはどうという事はない。

自分は初孫なんで祖母にはとてもかわいがってもらった。祖母は微笑みながら

『としちゃんがほんまに辛かったりもう嫌になったんなら好きにすればええ。でも最後にお母さんに元気な顔見せてあげて』と優しく言われた。

自分は『無理じゃわ。おかんの顔見てもうお別れじゃと思ったら多分わい泣いてしまうもん』と答えた。

祖母は『でもお母さんからしたら元気な顔見たいはずよ?』と言われ消えてしまった。

その日は色々と考え思い止まり、最後に母親に会いに翌日実家へ行き母親と夕飯を食べていた。久しぶりの母親の手料理だった。

自分は『金ないから最近ろくなもん食ってないから嬉しい。車も売ったし』と何気なく言った。

母親も働いてはいるが賃貸マンションで一人暮らしだ。父が死に金銭的にも余裕があるわけでもない。それが理由で自分も実家で母親と同居しようとか頼ろうとかごくつぶし的な事を考えなかったのだ。

それなのに母親はいきなりコンビニへ行ってくると言い出ていき、帰ってくるなり

『貸したげるからお母さんが死ぬまでに少しずつでええから返してな~。それで中古の安い車くらい買えるやろ?』と言い50万を渡された。

後から聞いた話だが母親は金融会社の無人契約機で借りてきていたらしい。

自分をほんとに馬鹿だと思った。友達にしろ母親にしろこんなに自分の事を思ってくれている人を悲しませようとしていたんだと。祖母や親父も夢に出てきたり幽霊になって出てきたりしてくれた。

自分は泣いてしまい母親に全部思っていた事、祖母や親父に言われた事を話した。

『おかんに金返すまでは頑張らんとダメやな』と言った。母親は『ん。頑張りや。あたしのも借金も全部返せた時は死ぬ気やこなくなっとるじゃろ』と優しく答えてくれた。

でもその後にアホ、バカ、親不孝者、根性なし等の罵倒をされ泣きながら叩かれたりした。単純に愛されている事を再確認できた。

自分は元々大工をしていたのでその後何日かして知り合いの親方の人に電話をした。事情を話して雇ってもらえる事になった。

その人は『車はもうちょい金貯まるまでは我慢しとけや。先に借金やら親に返す分に当てられや。なぁに仕事はわしがちゃんと家に送り迎えしちゃるけぇ。プライベートで車の入り用があったら貸したるし』と言ってくれた。

ほんとにありがたかった。おかげで今も親方には頭があがらない。1年以上ブランクがあったのに給料も前より少し多いくらいくれた。厳しい人だがほんとに優しい人だ。

友達や母親に死んだ親父や祖母にまで心配をかけた。でも同時に最低でもそれだけの人には愛されてる事を知りまた頑張れるようになった。

ばあちゃん、親父、あんたらが心配してる馬鹿は元気に頑張ってるよ。そっちで見守っといてな。ありがとな。

 
  • てぃあら

    よいお話でした。

    誰でも人生に一度や二度はどうしようもなく絶望するときはあることでしょう。
    ですが、身内であったり、血縁関係は無くても、心配して見守ってくれている人はいるのですね。
    誰の力も借りず一人で、この世に生まれて育ってきた人などいないのですから。
    亡くなられているお父様やお祖母様にまで心配され叱られて、投稿者さんはお幸せだと思います。あのまま、自分で自分の命を絶っていたら、あちらの世界へ逝っても沢山の人たちに叱られていたことでしょうね。

    素晴らしい親方さんにも廻り合うことができ、ありがたいと思う感謝の気持ちを忘れずに、また、亡くなったお子さんを悲しませないためにも生きてください。ゆっくり頑張ってください。

     
  • 匿名

    守ってくれている色んな存在に感謝
    自分が認識できる以上に救いの手は差し伸べられている

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★