【怪文書】スプーン/HN:サメハダ

スプーン/HN:サメハダ

俺の両親は昔から喧嘩が絶えず、独り息子である俺も「何故結婚したのだろう」と疑問に思うほど仲が悪かった。

ある日、デパートでの買い物から帰ってきた母が家族全員分のある物を持って帰ってきた。それはいかにもアンティーク感の漂うオシャレな純銀製のスプーンであり、どうやら仲直りのプレゼントとして父へ買ってきたらしい。

あれほど父に憎悪を募らせていた母にしては珍しいと思いつつ、せっかくなので早速今晩の夕食に買ってきたスプーンを使用することとなった。

我が家の食事のほとんどを出来合いの惣菜で済ます面倒くさがりな母が久々に丹精込めて作ったシチューはとても美味しく、いつもは憎まれ口しか叩かない父も「うまいうまい」と喜んで食べていた。

食事が終わって40分もした頃、二階でテレビを見ていた俺は風呂を沸かす為に一階へ降りていった。するとそこにはシチューをまだ少し残したまま机に突っ伏して寝ている父の姿があった。

「せっかく母が作ってくれたのに勿体ないなぁ…」と思いつつ、俺は自分が使った銀色に輝くスプーンと父親が握ったままの黒いスプーンを洗って片付けた。

まったく、手のかかる父親だ。母の気持ちも少しはわかるな。

2014年03月27日(木) 19:19
サメハダ◆q4dd/qmQ
投稿広場より掲載

 
  • 超チキン

    『銀が黒くなる』意味知ってるからこそ、かぁちゃん怖ッ(>_<)ってなったけど……管理人さん、解釈載せるの早すぎですorz

    せめて数日待ってよ。

     
  • 煮込みうどん

    毒の入れかたが解らないからなんともなんだけど、スプーンは、お母さん用(台所に置いてある)と父親用が両方黒かったら良かったと思いました。お母さんは自分用で毒を再三確認し父親に出したと。

     
  • 天通管理者

    以下、解説およびネタバレです

    銀という物質は毒物に触れると黒く変色する性質を持っています。
    普段から父を疎ましく思っていた母は父の毒殺を企てていました。
    家族全員分の純銀製のスプーンを買ってきたのは、父に出す毒入りシチューを誤って自分や息子が食べないように判断するためです。
    まんまと母の策略にかかった父は、毒入りシチューを見事に平らげて机に突っ伏したまま死んでしまったというお話です。

    ※投稿広場より移転

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★