【怖い話】親睦会でパニック

親睦会でパニック

今から5年前、専門学校に通っていた頃の話です。

入学して間もない5月に1泊2日の親睦会があり、山奥の元学校だった場所に行きました。

本当に何も無く2階建ての広い建物(女子の宿泊場)とロッジ(男子の宿泊場)が数個、キャンプファイヤーが出来るグラウンド。因みに携帯はauだけが電波1本で他は何処へ移動しようと圏外。

部屋は左右に2段ベッドが2つずつ、計8人が眠れます。私は稀に見えるんですが、部屋に入った瞬間左手前の下のベッドに女の子が居るのに気付き、違うベッドを陣取りました。

昼間はカレー作ったり男子のロッジに邪魔しに行っては虫に絶叫したり、夜はキャンプファイヤーをして盛り上がってました。

キャンプファイヤーでも色々見ましたが、無事部屋に戻りベッドに寝転んでいると、同じ学科の女子10人が集まってきて怖い話を始めました。

その時、女の子の表情が変わってきて『危ないかな~』と思ったので、何気なくその子が居るベッドに移動しました。

そして私の番…体験は色々あるけど『じゃあね~…私の横におる子の性別は?』と怖がらせる為に言ってみました。

案の定皆して叫んでくれました。それ見て笑ってる私も怖いですが(笑)

――でも突然着メロが聞こえたんです。最初に書いた通り電波が入るのはauのみ、それもギリギリな電波。

『誰のん?』って話してたら右奥の上に居た友達が泣きそうな顔で『…うちのや』って。その子はDoCoMo…表示は圏外。それでも鳴り響く着メロは非通知着信。明らかにおかしい。

私の隣に居る女の子を見たら楽しげ。『あぁ…この子のせいか』と理解した私がその携帯を借りて通話ボタンを押した瞬間…

ピーポーピーポーピーポー

救急車のサイレンが大音量で聞こえました。誰かの目の前を通り過ぎてるならフェイドアウトするはずなのに、ずっと一定なんです。まるで真横に居るように…

あまりの音量だったから部屋中に響き皆泣き叫んでしまい、慌てて電源を落とし皆に部屋を出るように言いました。

結局皆、隣の部屋で固まって眠り次の日、無事帰宅しました。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★