【怪談】市松人形/HN:ロビンM

市松人形/HN:ロビンM

やあロビンミッシェルだ。

この怪談は深夜に読まない事をお勧めする…ひひ…

五歳の夏美には苦手な物があった。

それは二階の客間に置いてある市松人形だ。

この頃徐々に奇妙な物が見え始めていた夏美はこの人形に酷く怯えていた。

「 私この子嫌い! 」

「 もう、夏っちゃんは何で叔父さんがくれたお人形さんをそんなに悪く言うの? 」

「 だってこれ怖いんだもん… 」

「 何処が怖いのよー? 可愛いじゃないのぉ、そんな事言ってたら憲司叔父さん天国で悲しんでるよー、ちゃんと大事にしてあげなさい。」

母の前ではコクンと頷いて見せたが、この人形の持つ異常さに何と無く気付いていた夏美はそれからも二階の客間に近づく事は無かった。

しかし夏美と一卵性で共に生まれた美菜は、逆にこの市松人形をとても気に入っていた。

よく硝子ケースを開けては膝の上に置き、楽しそうに話し掛けたりもしていた。

この人形を七五三の記念にと我が家に送ってくれた叔父の憲司さんは心筋梗塞を患い、もうこの世には居ない。

特別憲司さんに懐いていた美菜は、そんな叔父をこの人形に移し換えていたのかもしれない。

ある晩夕食の用意をしていた母がテレビを見ている夏美を呼んだ。

「 夏っちゃん悪いけど二階のカーテンと雨戸閉めて来てくれない? 」

「 やだ!! 」

「 もう、お願い夏っちゃん!今お母さん手が離せないの、あなたお姉ちゃんでしょ? 早く行ってきなさい! 」

夏美は渋々ちびま○子ちゃんのCM中に二階へと駆け上がった。

二階はシンと静まり返っており、五歳の夏美には只々恐怖でしかない。

何時もは美菜と一緒なので平気なのだが今日は一人、この客間の前を通るだけで涙が出そうな程怖かった。

両親の部屋と子供部屋の雨戸を閉めカーテンを引く、後はあの客間だけ…

もう長い事この部屋へ足を踏み入れていない。

中には古い桐箪笥と立派な床の間があり、親父の趣味で高そうな掛軸と日本刀が数本飾られている。

あの市松人形も…

夏美自身も何故自分がこれ程までにこの人形に対して恐怖を抱いているのかよく分からなかった。

別に人形が動く訳でも無く、話す訳でもない、至って普通の和人形だ。

只、本能的にこの人形から発せられる異様な空気、気配が怖かったのだ。

「 もうCM終わっちゃう… 」

夏美は覚悟を決めた。

ギィ…

パチ…

スイッチを入れると三回点滅してから蛍光灯が部屋を照らした。

ヒンヤリした空気と木の匂いが鼻を突く。

横目でチラリと覗くと日本刀の隣りに硝子ケースが見える。

赤い着物を身に纏った市松人形。

夏美は意を決したかの様に脇目も振らず窓辺へとダッシュした。

網戸を閉める!

カーテンを引く!

任務完了!

ホッと安堵した拍子に見てしまった。

見なければ良かった。

硝子ケースの中で、市松人形が激しく頭を左右に振っていた。

音も無く。

一心不乱に頭だけが左右に揺れている。

悲鳴を上げようと大きく口を開くが、肝心の声が喉から出て来ない。

動けない。

立ったままの金縛り。

来るんじゃなかったと夏美の頬を涙が伝ったが、時すでに遅し。

蛍光灯の灯りが微妙な明るさを残しつつ点滅を始めた。

入り口のドアがゆっくりと一人でに閉まりかけている。

見なくてもいいのに自然と目が市松人形へと向いてしまう。

もう首の動きは止まっていた。

しかしその顔は此方を向いていた。

まるでペンライトでも仕込まれているかの様に人形の両目が赤く光っている。

蛍光灯に合わせるかの様にその赤い目も点滅を繰り返し始めた。

バタン!!!

ドアが閉まった瞬間、蛍光灯の灯りは完全に落ち部屋は真っ暗になった。

…キィィ…カタン…

暗闇の中で二つの小さな赤い光がユラユラと揺れている。

ズリ… ズリ…

来る、コッチに来る!!

ズリ… ズリ… ズリ…

夏美の足に何か硬いモノが触れた。

恐る恐る足元を見ると、小さな赤い光が二つ此方を見上げている。

「 お、おかあ…さん… ヒック… うう… おかあ… 」

夏美は動く事も出来ず、声を出す事すらも出来ない。

すると…

ギャイーーーーン!!

ギャイーーーーン!!

グラグラグラグラ、ガタン!!

背後の窓の辺りから謎の怪音が二回響いた後、日本刀が置かれている辺りで何かが倒れる音がした。

そこには灰色のオーラの様なモヤがグニャグニャと湧き出していた。

そのモヤは次第に人の顔の様な形に変化していった。

「 …お、お父さん? 」

それは紛れも無く昨年他界した父親の顔だった。

遠近法を完全に無視したその大きな顔の父の目は、足元にいる市松人形に向けられていた。

『 …おい憲司… それは夏美だ… 』

と、真っ暗だった部屋の蛍光灯がまた点滅を始めた。

足元を見ると夏美の膝に手を回している人形の頭が、また左右に激しく振られていた。

『 …憲司… もうお前は死んだ…美菜に憑きたいんだろう…?… それは絶対に許さんぞ… 』

ズリ… ズリ…

人形は夏美の足から手を離した後、ゆっくりと閉められたドアの方へと向かって歩き出した。

ズリ… ズリ…

『 …おい憲司… そっちに行くな… 美菜なら今日は友達の家にお泊りしてるから帰ってこんぞ… 』

ズリ…!

それを聞いた瞬間、人形の首の動きは止まりカタカタと此方を振り向いた。

『 …夏美… もう心配せんでいい… 憲司はワシが連れてゆく… 美菜には悪いがこの器も壊していく… 』

そう言うと父はドアの方へゆっくりと視線を移した。

ドアの前には呆然と立ち尽くし此方を見つめる不気味な日本人形。

次の瞬間…

バーーーーン!!!

突然、物凄い勢いでドアが開かれた。

「 な、夏美!さっきの音何?!大丈夫なの?!」

母親が慌てて部屋の中へと飛び込んできて、夏美を抱きしめた。

「 お、お母さん痛い、痛いよ…」

「 大丈夫なの?怪我は無い?!」

「 うん大丈夫… それよりお母さん、お父さんが… 」

夏美は日本刀が倒れている床の間を指さした。

「 お父さん? お父さんがどうしたの?!」

母には父の顔が見えて居ないのか、辺りをキョロキョロと見回している。

遠近法を無視した父の顔は先ほどより少しボヤけていた。

そして背後の壁に吸い込まれる様に少しずつ、少しずつ消えゆく父は最後にこう言った。

『… さらばだ… 夏美… 』

部屋は蛍光灯の点滅も収まり、異常なまでの寒さも無くなっている。

市松人形が入っていた硝子ケースは中で火でも焚いたかの様に黒ずんでいた。

倒れた日本刀を元に戻し、母に手を引かれて部屋を出る時、ドアに挟まれてバラバラに砕けている人形の一部が目に入った。

「 さっ、電気消すわよ 」

パチン…

「 ひっ!!」

部屋が暗くなった瞬間、夏美の後ろ髪を誰かが引っ張ったような気がした。

バタン!

母の体にしがみ付きながらゆっくりと階段を降りている時、一階のリビングからはサザエさんのエンディングテーマが流れていた。

【了】

2014年04月22日(火) 17:09
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • 紫姫

    遅れて ごめんなさい♪[s:18270] たまに 前の 作品を 見に かなり バックナンバー する 様に 戻る のボタン 押しまくりしたら なんと[s:20311][s:20302][s:20302] ロビンさん の お返事に とても嬉しい [s:17953][s:20304] 本当にありがとう♪

     
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。

    紫姫氏、き、君はどこの美人だ?!

    嬉しすぎる言葉を有難う!よし!実は最近書き始めた18禁必至の駄作があるんで早急に完成させるよ!…ひひ…

     
  • 紫姫

    私は、霊感 皆無だと 思う。亡くなった 祖父母や父 が、夢枕に 一度も 会えない ロビンミッシェルさんの 可愛い 双子姉妹さん は、かなり霊感が、有り 怖い 思い ばっかりで お辛いと 思います。 一度だけ 私は、金縛りらしき 体験した時、回りに 話したら 微妙な 反応- でも 私 自身も、一度だけなので 今は、 半信半疑 ハァ[s:20304] また マモル系や 夏美さん美菜さん系 等 楽しみです。 ロビンさん ファン より[s:20302]

     
  • ロビンM

    やあロビンミッシェルだ。

    松桐坊主氏、す、すまん!今気付いたよ…ひひ…成る程、君が誰だか何と無く分かった!

    あちらで最後まで応援してくれていたナイスガイだな…ひ…

    俺を探してくれたなんて嬉しい限りだ、ましてや中毒などと…うひ…

    実は最近もう一箇所浮気していたんだが、君が見ていてくれる限り、新作の駄作が書けたらいの一番に此方に掲載させて頂くよ!

     
  • 松桐坊主

    どうもロビンミッシェルさん。
    あっちで連投願い出したり、投稿作に喜んだりと、微妙に交流させてもらっておりますななしです。
    あちらさん時々つながり悪かったりしたのでついついストーキング行為に及び、このサイトを発見してしまいましたよ。
    ついでに名前なんか書き込んでしまいましたよ。
    いやー、あなたに中毒ですよ。
    どうぞお見知り置きを願います。
    吉田類のファンでもあります。
    では。

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★