【怖い話】見るんじゃなかった…/HN:ダイボウ

見るんじゃなかった…/HN:ダイボウ

初めて投稿させていただきます。これは僕が体験した洒落にならない話です。

その日はいつも通り仕事を終わらせて帰宅途中の夜11時頃、いつもと同じ道を歩いていたのですが、んっ??なんだろ?? と目に留まりました。

マンションの4Fに髪の長い女がいます。どうやらその人はチャイムを鳴らし続けているみたい。彼氏と喧嘩でもしたのかな?? となんとなくぼや~っと見てました。

女はこっちを振り返ります。こっちも目を外しました。

マンションを通りすぎる際にもう一度見ました。女が2Fにいます。あれ!?いつの間に下りてきたんた!? なんかおかしい…しかもどうやらこっちを見てるようだ…。

なんだか怖くなったので速足に。あの角を曲がればもうすぐ家というところで更に恐怖を覚える。

……!!

女が角にいる…それが事故防止のミラーに写っているのです…。後ろにいたはずの女が待っているように立ってます。

頭がおかしくなりそうでした。というのも恐怖もありますが生きていく力のようなものが抜けていく感覚に陥り、足が動かないのです。

少しずつ女が角からでてきます……

…!! ………!!

…笑っています…「ヒャハハアハヒヒ」みたいな感じで…しかも足がバキバキに折れています。

意識が飛びそうな中、心の中で「すみませんどうかお帰りください」と叫びました。すると女は

「…~~~ジャナイ…」

「オマエジャナイ!!」

そう言うと消えました。

あの女は今も誰かを探しているのでしょうか。

ただ見ただけなのに…

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★