【不思議】ブランコの影/HN:ドクロン2014

ブランコの影/HN:ドクロン2014

今でも親交があるちいちゃんという女の子が昔体験した話。

ちいちゃんがよく行く公園でのこと。

昼下がり、ちいちゃんがブランコに乗っている。それをお母さんが見ている。

最初はブランコを漕いでいたが、ある瞬間にふと漕ぐのを止めてしまった。

「漕がないならべつの子に譲ってあげましょうね」

そう言おうとして、ふとちいちゃんの足元を見ると、少し斜めに出来たブランコに乗るちいちゃんの影がキィキィと揺れている。

ちいちゃんを見るが、当然止まっている。なのにまた足元に目を移すと影だけが揺れている。

(え、なに?)と思ってちいちゃんに再び目をやると、ちいちゃんが少し泣きながらこう言った。

「ママ、ママ、からだが動かない」

ちいちゃんのからだにふと触れる。その時、あれほど揺れていたちいちゃんの影がすっと止まり、ちいちゃんの影だけが立ち上がって消えてしまった。

そのあとでちいちゃんはからだが動くようになったのか、スッと立ち上がりお母さんに抱きついた。

そして二人は怖くなりすぐに家に帰ったという。

それ以後その公園では遊ばず、べつの公園で遊ぶようにしたという。

2014年05月17日(土) 18:54
ドクロン2014 ◆d79/amog
投稿広場より掲載

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★