【心霊】お願いする女の子/HN:桃咲月

お願いする女の子/HN:桃咲月

家の近所のコンビニでの事。

商品をレジで精算していた時、目の前のカウンターのすぐそばで

『ねぇ、お願い』

と声をかけられた。

顔見知りのバイトの女の子、●さん(かなり可愛い、若いコ)の声に聞こえた。

(え?わたしに言ったの?)と、はっとして『え?』と声を上げた。

接客してくれていた店主の奥さんが、『は?』とわたしの顔を見る。

『あ、今●さんが何か…』

と言うと、奥さんの顔がサッと強張って、『辞めましたよあの子』と吐き捨てるように言って、商品を袋に詰めた。

あ、なら店内放送かなにかを聞き違えたんだな、と思った。

レジ袋を受け取ろうとした時、奥さんが、じっとわたしの顔を見つめている。気まずいな…と思いながら袋を受け取ると

『誰かに聞いたの?』と奥さん。

何の事か分からなくて、今度はこっちが『は?』と言うと、カウンターから乗り出すようにして、怖い顔でまたじっと私の顔を睨みながら

『本当に知らなくて、言ったの?』

奥さんの態度に少しムカついて、『なんですか』とぶっきらぼうに聞くと

『だから、自殺したのよ、あの子』

と低い声で囁いた。私は多分、その時生まれて初めて、寒さ以外で鳥肌が立った。

『本当に聞こえたの?』

奥さんが真顔…少し心配そうな、悲しそうな顔で言う(怖がってたのかな)。

『いえ、店内放送を聞き違えました』

そう言い切って、さっと店を出た。

線の細い、声の小さな綺麗な女の子だった。左手首にいつもリストバンドしてたから…もしかして、リスカ癖があるのかな、とは思った事もあったけど…。

一線を越えて、やり過ぎてしまったのかな…。

わたしに、何を頼みたかったんだろ…。今となっては、全て遅すぎるけど。

 
  • 匿名

    かなり可愛いコなのに、自殺するなんて勿体無い!と、あんまり可愛くない私は思いました(苦笑)

    …ちょっと、投稿者さんが心配なのは…

    自殺者にお願いされたのって、何か怖い…

    そのコンビニへは、
    あまり近寄らない方がいいかも

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★