【心霊】白いもの/HN:0.血苺

白いもの/HN:0.血苺

叔父に一人、とても強面な人が居ます。

彼の左側の肩には15センチ程のS字型の傷痕があり、彼はそれが自慢なのか、夏になるとこれ見よがしに袖を捲り上げて露出させております。

…だけどその傷、中学生の頃転んで釘に引っ掛けて出来たんですけどね。オマエはビーバップ・ハイスクールのジュンか!(…旧くてすみません^^;)

顔は怖いけど子ども好きな優しい叔父で、私も小さい頃は良く、絵を描いてもらったりして遊んでいました。

うちの娘も、彼のことが大好きです。

私が娘を叱り、娘が不貞腐れて玩具に八つ当たりしていた時

「お~、イタイイタイ…可哀想に。ウサギさんのお口がバッテンになっちゃったよ~」

「違うもん!ミッフィーちゃんはそうゆうお口だもん!」

娘とのトンチンカンな会話に、怒っていた私も思わず吹き出しちゃったりしたものです。

彼は又、怖がりでもありました。

あれは私が、まだ高校生だった頃です。

「キヨ婆ちゃん家に届け物が有るんだけど、一緒に行かないか?」

叔父にそう誘われました。

時刻は、午後8時頃…まだそんなに遅い時間ではありませんでしたが、キヨ婆ちゃんの家に行くにはとても暗い道を通るので、叔父は独りで行くのが怖かったのです。

車に乗るのが大好きだった私は快諾しました。

“暗い道”の事は、話には聞いていましたが、私は通るのは初めてでした。でも、たかをくくっていたのです。そこは一応、東京でしたし(都下と呼ばれてはおりましたが)、それ程怖くは無いだろうと…

車はどんどん辺鄙な場所を走って行きます。

「………」

私たちは無言になりました。

これほどの闇を、見た事が無いと思いました。“墨を流し込んだ様な闇”という表現がありますが、当にそんな感じです。

「!!」

ライトに照らされた前を、白猫らしきものが横切りました。

不思議な事に、白猫は二度、三度と車の前を横切ります。

「危ないなあ、猫…叔父ちゃん、ひかないでよ」

「ああ…」

叔父は言葉少なに答えました。何となく、いつもの叔父らしくないなあ…とは思いましたが、深くは考えませんでした。

漸くキヨ婆ちゃんの家に着いた時には、心底ホッとしましたが、帰りもあの道は通るのです。まあ、往きは何にも無かったし…

復路、例の道に差し掛かった時。まるで待ち構えていたかのように、さっきの白猫が横切りました。

…あれ? 何か、変です。白猫は、地べたではなくて空中を横切っているみたいな…

鳥だったの? いや、そんな風には見えません。羽ばたいてはいないのです。

私は必死で、合理的に考えようとしました。獣でも、飛ぶ奴って居なかったっけ…そう、確か…

「ムササビとかモモンガ…」

「悪い、黙ってて!」

いきなり怒鳴られて、私は黙りました。途端に怖さが倍増して、帰り着くまで目を瞑っていました。

今となっては、あの白いものが単なる獣だとは思えません。かと言って、何なのかを知りたいとも思いません。

ともあれ、実家に着いて、私と叔父は車を降りました。

「うおおおっっっ!!」

突然、奇声を上げた叔父に、私はビクっとして振り返りました。

腰を抜かしている叔父の頭に、白いものが絡みついています…

それは…取り込み忘れた洗濯物のタオルでした…

この体験をしたのは父方の実家、八王子です。

八王子には、中々侮れない心霊スポットが有るらしい事を後から知りましたが、私たちが通ったのがその場所…では無いと思うのですが。

白いものが横切る、なんていう体験は訊いた事が有りませんしね。

私にとっては、初めての心霊体験らしきもの…だったのですが、残念ながら、腰を抜かした叔父の姿ばかりが思い出されるのです。

 
  • 0.血苺

    ありがとうございます。

    八王子にも行かれましたか〜。流石ですね!
    是非、その体験も伺いたいです。
    あの白いものが何なのか分かりませんが、叔父と私のアホヅラを見て面白がっていたのかも^^;
    タオルで腰を抜かしていた叔父は、板金職人だったんですが、
    部屋に悪役商会をモデルに起用した、寅壱のポスターを貼っていました。
    何度も欲しがったのに譲ってくれなかったっけ。

    泣いて取り乱すと言えば、某野◯村議員…
    彼の子どもは確実にトラウマったでしょうね。

     
  • こげ

    いい大人が本気で取り乱している場面って、子供にはかなりショックですよね
    父の部下が家に訪ねてきたとき、泣き上戸?お酒飲みながら本気で泣き出してしまったの
    その方を見るたび、その場面が思い出されてしまいます。

    白い猫さんみたいなもの…なんだったのでしょう?管狐?飯綱?おさき?ニンコ?

    八王子!探検で行きましたよ♪もちろんあの有名な城跡とその近くの霊園にw
    電話ボックスは見つからなかったです。
    八王子って多いですよね心霊スポット…あ、不謹慎ですがあの某事件の…あそこも…

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★