【怖い話】首締め合い、勝った

首締め合い、勝った

今…6月23日午前2時半頃から30分ほど、霊と戦ってました。とても怖くて部屋の電気つけてテレビつけて居間に逃げてきました。

寝てたんですけど、布団かぶってなくて寒くて目が覚めたんです。布団かぶろうと思ったら、聞こえてきた。

最初、遠くから「いるんだろ?いるんだろ?」って聞こえてきた。最初はほんと遠くから聞こえてたし、自分に向けられたものじゃなかった。

でも怖かったからとりあえず頭の中で(う○こ、う○こ、う○こーーー!!ち○○!ま○○!)って唱えて(霊は下ネタが嫌いって知人が言ってたから唱えてみた)、霊の撤退を願った。

でも、どんどん「いるんだろ?私にはおまえの居場所がわかる」などという声が近くなってきて、私のベッドの周りを歩き始めた気配。

声がもう耳元になったときにはその声の主の姿を見ることができた。部屋の電気は消してたけど、外の明かりがあるからうっすら見える。

声の正体は、和装のおばさんだった。髪型はボブっぽくて、歳は50前後だと思う。

もう怖くて怖くて叫びたいのに、声が出ない動けない、金縛りになってた。

「いるんだろ?いるんだろ?私にはお前がわかる。その呼吸で居場所が分かる」

呼吸でわかるって言われたから呼吸止めたら、笑いながら「もう呼吸しなくてもわかる場所にいる」って言われて、あー、もうだめだと思って苦しくなってた息を大きく吸った。

ボブのおばさんが「色んなことをして私を遠ざけようとしてたようだけど、無駄だ。私はお前の父親から~」って、全く私にはわからない事情を話し始められた。

そして、ボブのおばさんはニヤニヤしながら私の首を絞めてきた。「やっと見つけた。これで終わりだ」とか言ってた。

依然声は出なかったけど、火事場の馬鹿力なのか、金縛りから解放された。思いっきりおばさん乗っかってきて首締めてくるけど、意外と力は弱かった。

だから、首締め返した。割と細い首だった。

ここで負けたらダメだと思い、相手を殺してしまうんじゃないかと思う位がっつり首締め返してやった。殺してしまうってか、死んでる(死んだ霊かどうかは知らない)のだけど。

もうそのとき私は目を開けていたし、首締め合ってたからボブのおばさんと目が合った。おばさんは、私の顔をまじまじと見て

「はは、違った、あ、違う。おまえじゃない」

とか言い出した。最初からちゃんと顔見てからにしてほしかった。

よくわからないけどおばさんの首を絞めてた私の両手は宙を掴んでいるだけになって、おばさんいなくなって、終わった。今あった出来事。

数ヶ月前、スマホのMP3音楽プレイヤーに不気味な声入ってたりしたから、ここ最近、怖い。

おばさんの声は最初、右側から聞こえ始めたから、きっと私の家の、寝てて右側にある昔から曰くのある土地から来たのだと思う。

曰くのある土地には昔パチンコ屋が建ってて10年ほど前に潰れ、8年ほど前に新地にされた。新地にされてからも、パチンコをやりたくて店の入り口があった場所に並んだままの霊がいたりしてた。

怖かったです。訳も分からないし、怖い。まだ半分パニック状態だから文章めちゃくちゃだと思うけど、怖くてどうしようもないから投稿させていただきました。

 
  • 匿名

    金縛りを根性で破り怖くても気合いで霊の首を絞め返すとか凄いわ

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★