【怖い話】生き霊/HN:ロビンM

生き霊/HN:ロビンM

チン…

エレベーターのドアが開く。

『 上へ参ります…』

今日もしつこい客がいたせいで、マンションに帰って来たのは深夜三時を少し回っていた。

「 あ~疲れた…」

誰も居ない狭い空間で凝った左肩をグルグルと回しながら大欠伸をしていると、背後から声がした。

「 イタ…イノ…オオ…」

その声は人間の様で、ある種機械音のようにも聞こえる。途切れ途切れで何を言っているのかよく分からないが、不思議な声である。

勿論、そこに誰かが居る筈も無く、鏡に映るのは疲れた顔をした俺だけだ。

「 またかよ、チェッ!」

別段、驚きはしない。この声を聞いたのは今回が初めてでは無いし、ここ数週間毎日の事なので慣れてしまったと言ってもいいだろう。

「 イタ…イ…ノオ…ノオオ…」

疲れているのだろうか?今日はいつもと違い、鏡に映る俺の顔にボンヤリと別の顔が二重に被さっている様に見える。

気持ち悪い…

実は先月、彼女と別れたばかりでどうも調子が悪い。仕事にしたって新人教育が上手くいかずにストレスばかりが溜まる一方だ。

正直、精神的にも身体的にも追い込まれており、アップアップしている状態なのは確かである。

チン…

ドアが開き、エレベーターを降りようとした時、バチバチと照明が何度か点滅した。

「 イタ…イ…ノオ…」

背後からまだ聞こえて来るその声を無視して、自分の号室目指し歩いていると、後ろから『ガーーン!!』と物凄い音がしたので思わず振り返った。

すると、閉まり掛けていたドアの下の方に「白い手首」が挟まっているのが見えた。

気持ち悪い…

ダメだ完全に憑かれてる…

いや疲れてる。こんな幻覚まで見ちまう様じゃ相当な重症だな俺も…

ガーーン!!

閉まり掛ける度に白い手首に阻まれ、馬鹿みたいに何度も開いたり閉じたりを繰り返している。

「 ふふ、なんだよアレw」

部屋に入るとすぐに熱いシャワーを浴びた。食欲も沸かないのでビールを一本飲み干すと直ぐにベッドへと潜りこんだ。

電気を消し、携帯をチェックすると着信が三件入っていた。番号はどれも先月別れた彼女からのもので、メールも一件入っていた。

内容はもう一度会って話がしたいとの事だった。

翌週、近所に唯一ある喫茶店で彼女と会った。

予想通り「やり直したいの…」と言ってきたが、俺はそれをキッパリと断った。

仮にやり直したとしてもまたいつもの喧嘩を繰り返すだけで、すぐに別れるのは目に見えている。

未練がないと言えば嘘になるが、俺の決心は固かった。

彼女は涙ながらに何度も復縁を迫ってきたが、俺は頑として断り続け、彼女を残したまま喫茶店を後にした。

店を出る時に、彼女の悲鳴にも似た叫び声が聞こえた様な気がしたが、俺は無視してドアを閉めた。

それから二週間程が過ぎた頃、俺はいつものように深夜に帰宅し眠りについていた。

時間は分からない。

何か玄関の方でガチャガチャという音がしたような気がしたが、寝ぼけていた俺はさほど気にせずにそのまま目を閉じていた。

すると突然、足元から脳天にまで響く様な激しい痛みが走った。

「 うっ!!」

一瞬で覚醒した俺は何事かと足元を見た。

すると暗闇の中、誰かが座っているのが見えた。黒いシルエットだけしか見えないが、間違いなく何かがいる。

カチ、カチカチカチカチ…

グチャ!!

「 うっ!!痛ててて!!」

またも激しい痛みが走った。

「 だ、誰だ!?」

俺は激痛に絶えながら、恐る恐る手元にあるスタンドライトのスイッチを入れた。

すると…

カッターナイフを持って座っている彼女が居た。

「 お、お前?何してんだよ!」

カチ、カチカチカチカチ…

グチュ…

「 痛っ!!いてててて!!」

無表情で俺の足首を掴み、何度もカッターの刃を押し付けてくる。

「 ………… !!」

あまりにもの有り得ない状況と痛みと恐怖で、声が詰まる。

上半身を起こし確認すると、足首からピューピューと噴き出した血が布団は愚か、フローリングまで赤く染めていた。

「 おいおい嘘だろお前? 勝手に部屋上がり込んで何してくれてんだよコレ?」

彼女は俺と目が合うなりニヤリと笑った。

そして何やらパクパクと口を動かしながら、頭を激しく左右に振り始めた。

カチ、カチカチカチカチ…

カッターの刃を出したり戻したりを何度も繰り返し、ブルブルと震える手で俺の顔に向かってその刃を近づけてきた。

「 や、やめろ!」

カチ、カチカチカチ…カチカチ…カチカチカチカチカチ…カチカチ…

「 うわ!やめろ!やめてくれ!うわーーー!!!」

「 …………」

「 あれ?」

ゆっくりと目を開けると、彼女の姿は消えていた。

あれ程強烈だった痛みも消え、足首を見ると一滴の血も流れていない。

俺は安堵し、今までの事は全て夢か幻覚だった事に何故か無性に可笑しくなり、笑いが込み上げてきた。

「 ふふふ、はははは!!やっぱどうかしてるな俺…」

足首を摩りながら、煙草を取る為に立ち上がろうとして気付いた。

腰に、手が巻き付いている。

カチ、カチカチカチカチ…

直ぐ耳元でまたあの音がした。

カチ、カチカチカチカチ…

「 イタ…イ…ノオ… イタイ…ノオオオ…」

ザクッ!!

右耳の裂ける音がした次の瞬間、今度ははっきりと聞こえた。

「 ああああ…痛いのぉぉおおお…?」

翌朝、俺は生まれて初めて救急車に乗り、病院に運ばれた。

右耳は皮一枚繋がって居たため何とか引っ付ける事に成功したが、右足の親指と人差し指は部屋から見つからず、第一関節から先を失ってしまった。

踏ん張りの効かない俺はこの先一生まともに歩く事が困難になるだろう。

警察はあの女を血眼で探したが、三年経った今でも見つかって居ない。

俺をこんな目に合わせたあの女は今も何処かで生きているのか、それとももう死んでしまっているのか。正直もうどうだっていい、二度と俺の前にさえ現れてくれなければ。

しかし、今でも眠るとそこにいる。

不気味な息遣いと何度も刃を押し出すカチカチ音、笑いを噛み殺しながら此方を睨む彼女の顔が…

【了】

2014年07月29日(火)
ロビンM ◆eBcs6aYE
投稿広場より掲載

 
  • やまっち妻

    「勢いで変な女引いたんやね。で、見事ハズレ」ある日、私が夫の元カノ話につけたコメントですが、夫なぞ、ロビンさんの前にはアオいとしか言い様ありません(笑)。お命大切に。

     
  • 紫姫

    私は、昔から 内臓が、体から 無惨に 飛び散る モノ 苦手なので その シーンの映画や ドラマは、 手で 視線 隠し ながらも ツイツイ 見ては、後悔する。 今回の 大作は、 まるで 映画を 観た様に 映像が、 浮かび 目が離れずに お話に のめり 込み 凄く 良かったです。[s:20543][s:20295]

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★