【怪文書】最後の言い訳

最後の言い訳

例えば、俺に他人の心が読める能力があるとして、ある日、通りですれ違った見知らぬ男が、明らかに幼い少女を狙っているのが判ってしまったとする。そんな時、自分ならどうするだろうかと考えてみた。

これといって他に用事が無ければ、取り敢えず尾行するだろう。単にいたずら目的じゃなく、その男に残忍性を感じたなら尚更だ。
居場所を突き止め、氏名まで判明。さて、問題はそれからだ。
警察には言えないし、かといって探偵を雇う金も無い。仕事があるから四六時中見張るのも不可能だ。しかし、『幼女誘拐殺人』そんな新聞の見出しが脳裡にちらついて離れない。

暇さえあれば奴の心に波長を合わせるようになる。そして、いやが上にも不安が確信に変わっていく。

殺すか…

そこで、俺は想像を止める。やはり、放っておくしかない。仕方ない。FBIにはそういった部署もあるみたいだがここは日本だ。結果的には見殺しになってしまうがどうしようもない。

あげく、言い訳を考える。

殺される側にも原因があるのだと。

2014年07月18日(金) 03:07
寝たふり ◆-
投稿広場より掲載

 
  • 匿名

    いろんな解釈があるなあ…と感心しますた。

     
  • 匿名

    心の波長を合わせている内に、同じ思考になっちゃったのね

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★