【怪談】夫の寝言/HN:マリ

夫の寝言/HN:マリ

これから話すことは、夏の蒸し暑い夜に起こった出来事です。

私と夫は、メソッド式のアパートを借りて住んでいます。
1階の玄関から入るとリビング、他に部屋が2つあります。

私達はこの部屋の中でも、北側を寝室として使っています。
エアコンはリビングにしかないので、扇風機で寝室に送り、多少涼しくなったら窓を開けて眠るようにしています。

そんなある日、私は深夜に、「う~ん……」と、言う、夫の呻き声で目を覚ましました。
私は部屋が暗いので、「寝苦しいのかな?」と、わざわざ電気をつけず、夫が顔をしかめている想像だけをしました。

そして自分の布団をかけ直してまた目を瞑った時です。

「○○!」
「○○!○○○~!!」

と、突然夫がヒステリックに叫び出しました。

その寝言の叫び声は、いつも静かに話す彼の話し声とはほど遠いものでした。
それは男性の低い声ではなく、明らかに女性が怒りに任せて出す時の叫び声でした。

まるで恨みをもつ女性が彼に憑いたかのようでした。
私は怖くて布団を顔に掛けていましたが、部屋の中がシーンとしてから、「どした(どうしたの)?」と、声をかけました。

すると夫はすぐに目を覚まし、「あ?夢でした、ごめん……」と、答えていました。

次の日、私は彼に寝言を言っていたことを話しました。
変な声を出していたことは言いましたが、夫は怖がりなので、何かに取り憑かれたみたいだったことは一切言いませんでした。

すると彼は、「起きたことは覚えてるけど、どんな夢だったかは良く覚えてないんだよな~……」と、言いました。

そして最後にちょっと間を置いて、遠くを見つめながらこう話しました。

「なんか、幽霊に取り憑かれるような夢だったんだよなぁ……」

私はそれを聞いて、ゾッとしてしまいました。

結婚前、夫も私も奥手で、付き合ったのはお互いに初めてです。
互いに心から話せる知り合いの紹介で付き合い始め、恨みをもたれるような女性はいません。

あれは本当に寝言?
ならば、あの声は誰?

皆さんも窓を開けて眠る時は、私達の想像を越えた何かが入りやすくなるかもしれないので、気をつけて下さい。

 
  • 匿名

    だから、怖いなら、わざわざコメント書かなきゃいいって言ってんの。

    難しい理屈か?

     

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★